« 小田原競輪場事業 | トップページ | 小田原市の ETHICS »

2011年5月21日 (土)

花より賭博の「公営事業」

110521sakura_demolish さらにしつこいようですが、今朝のwalkingがてら、雨水渠竪坑工事現場を見てきました。立派な工事底版と仮囲いができたいました。競輪臨時駐車場はしっかり確保されていました。この車路の分(4mほどか)、工事場を北によせる施工計画なら、3本の古木の桜は生命長らえたはず。公共工事の荒々しさはいつまで続くのか。「あじさいの小径」と勝手に命名していた散歩道が無惨に、醜い仮設フェンスで遮られてしまった。これからの1年間はこのフェンスで不愉快で悲しい朝を過ごさなければならないのですね。
110521waste 競輪客にふんだんに配られているのでしょう。冗談のように路上に投げ捨てられています。公営事業が、廃棄物の大量排出に励んでいていいのですか。「ごみの減量化の推進 5Rを基本とした経済活動やライフスタイルへの転換を啓発するなど、発生抑制や再使用に重点を置い たごみの減量化を進めます(新総合計画)」というのも冗談ですか。「ごみの大量排出の推進」ですか。

|

« 小田原競輪場事業 | トップページ | 小田原市の ETHICS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/51727055

この記事へのトラックバック一覧です: 花より賭博の「公営事業」:

« 小田原競輪場事業 | トップページ | 小田原市の ETHICS »