« 炎熱の一日 | トップページ | 小峰発電所(19)6月の自給率77% »

2011年7月 7日 (木)

商業報道機関の取材力の低下は信じ難い

110707akahata 昨日から騒がれている九州電力の「やらせメール」、7月2日付けの「しんぶん赤旗」のスクープだったのです。6日の衆院予算委での、笠井議員(日本共産党)の追求から報道が始まっていますが、4日も以前のスクープ記事、他の報道機関は取材していなかったのでしょうか。何とも不思議な事件です。商業報道機関の取材力の低下、それとも「原子力村」への遠慮なのでしょうか。情けない日本のジャーナリズムです。醜い国になりました。
 大騒ぎになっていますが、この程度の倫理違反は、日本の企業活動では「普通」のことなんでしょう。経産省も十分に承知の上で、意見メールを受理していたのでは。赤旗記事を読んでも、別に驚きもしなかったのでしょう。追跡取材さえやられていなかったのですから。予算委で追求されてから、やむなく九電社長の追求会見なんかやっても、誰もびっくりしない、「住民説明会」なんてこんなもんだろうということなのか。「ストレステスト」とのダブルパンチで、はしご外された佐賀県知事、玄海町長、痛ましい限りです。元佐賀県民の当方も、怒り狂っています。いくら貧乏県といえども、馬鹿にするのもいい加減にしろと怒鳴りたくなります。
 松本龍さんは福岡県だったかな。九州育ちだから東北の地理などよう分からん、とか言われたそうですが、この事件も絶望的日本状況です。家人曰く、単なる馬鹿なナルシストなのよ。とはいえ、松本治一郎の孫、元社会党などと聞くと、辛さは限りなく続きます。みなさん、太い神経をされていることに驚きます。
 古川佐賀県知事が、せめて県の誇りを回復してくれる言葉を発してくれることを願うのみです。いやはや、原発事故はこの国に何を求めているのだろう。
(画像の「しんぶん赤旗」の記事は、画像レイアウトのために切り貼りしてあります)

|

« 炎熱の一日 | トップページ | 小峰発電所(19)6月の自給率77% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/52147595

この記事へのトラックバック一覧です: 商業報道機関の取材力の低下は信じ難い:

« 炎熱の一日 | トップページ | 小峰発電所(19)6月の自給率77% »