« 大型原子炉の事故の理論的可能性及び公衆損害額に関する試算(1960) | トップページ | HIROSHIMAーFUKUSHIMA »

2011年8月 5日 (金)

小峰発電所(20)7月の自給率86%

110803hatsuden 7月の報告です。当然100%と思っていた自給率、悪いですね。昨年の7月は消費量599kWh、今年は447kWhとがんばりましたが、発電量は昨年より下がっています。発電量が一桁の日が9日もありました。月間日照はかなり悪く、もはや秋と思わせるような日が続きましたね。8月に入って、夏らしくなりましたが、昨年同期の426kWhをクリアできるでしょうか。熱中症に怯えながら、節電に励み、太陽光発電などでささやかな環境保全、大停電阻止などに努力していますが。原子力村、東電や保安院さんのエリート諸兄は 、どんな暮らしをしているでしょうね。日本国のマスメディア、もっとがんばって民草によりそって欲しいですね。報道業も商売でしょうが、志とまではいいませんが、心意気くらいは見せてほしいですね。

|

« 大型原子炉の事故の理論的可能性及び公衆損害額に関する試算(1960) | トップページ | HIROSHIMAーFUKUSHIMA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/52395074

この記事へのトラックバック一覧です: 小峰発電所(20)7月の自給率86%:

« 大型原子炉の事故の理論的可能性及び公衆損害額に関する試算(1960) | トップページ | HIROSHIMAーFUKUSHIMA »