« HIROSHIMAーFUKUSHIMA | トップページ | 2・11 — 3・11 — 9・11 »

2011年8月 7日 (日)

「戦争」と「平和」を語り継ごう

110815poster_2 8月は、「戦争」と「平和」を語り継ぐ日々です。あれから66年という長い月日が流れていきました。さまざまな事象が思い出されます。忘れることのできない悲しく惨い日々の記憶がよみがえります。1945年7月、私の長兄は「戦死」しました。その1ヶ月前ほど前ににたった1日の帰郷が許されたようで、それが最後の分かれとなりました。戦争はまもなく集結するから、その準備をするようにといわれた父は、ひどく驚愕し、激怒したと後日話してくれました。この戦争で命を絶たれた日本国民は300万を超えるといわれていますが、敗戦まぎわの半年間にそのほとんどの「死」が集中していると聞いております。日本国為政者の惨さと無能が現れています。
 ヒロシマ、ナガサキ、ソ連参戦を経て、やっとポッダム宣言受諾を天皇が「詔」を読み上げて明らかにしたのが日本時間8月15日の正午、夏休みの炎熱の日でした。まだ、長兄の死は知らされていません。戦死公報があったのは、多分11月頃だったと思います。玄界灘での「名誉の戦死」とか。空の白木の箱が届きました。両親は敗戦3ヶ月も経過して、何らの通知もない、復員して来ないことで、覚悟を決めていたようでしたが、その悲嘆のさま、こども心にもつらい光景でした。天皇から「金鵄勲章(きんしくんしょう)」を「下賜」され、中尉に特進しました。母親には「軍人恩給」を残しました。
 それからさまざまな戦後が立ち現れました。我が人生の10年間は「大日本帝国少国民」、そして敗北を抱き続けて66年、300万以上の同胞の死で生み出された「新憲法」のおかげで、私自身も私の兄弟も、子たちも誰ひとり「戦死」も「戦災死」もせずに過ごしてきました。
  3・11、Fukushima で、日本国の生身の姿が現れだしています。国家統治の弱化、欺瞞の露呈はとどまるところがありません。事態の収束どころか、拡大、長期化の気配に、この国で「いかに生きるべきか」が真剣に問われ始めました。66年前の「戦争」で未来を奪われた人々のことを、66年間の「平和」な時間を生きのびてきた私たちは語り継いでいかなければなりません。
 この8月、ささやかな集いを持ちます。お出かけください。
---------------------------------------------------------------------
8月15日を考える会 2011年の集い
「戦争」と「平和」を語り継ごう
小田原市・小田原市教育委員会後援
日 時:8月14日(日)12:00〜16:30
会 場:小田原市栄町・伊勢治書店3階 ギャラリー新九郎
(電話:0465-21-3386)
参加費:200円(当日受付にて・申し込み不要)
・写真展示 12:00〜16:30(ヒロシマ/ナガサキ/チェルノブイリ/フクシマ)
・講 演  13:00〜14:30「カッちゃんはなぜ死んだか?
      〜日本近代史から考えるヒロシマとフクシマ〜」
      加納実紀代氏(女性史研究家、敬和学園大学元特任教授)
・歌 唱  15:00〜15:30 ウクライナ、日本の歌曲など
      オクサーナ・ステパニュックさん(ソプラノ歌手)
・交流会  15:30〜16:30 自由トークなど
主催 8月15日を考える会
問い合わせ先 事務局(小田原市城山4-1-11 松本茂)T: 0465-23-7871 E: smat2@nifty.com

|

« HIROSHIMAーFUKUSHIMA | トップページ | 2・11 — 3・11 — 9・11 »

コメント

昔は軍部、今は官僚。彼等に政治責任はない。
我が国の政治責任は、政治指導者の手の中にしっかりと握られている。
政治家は、国民の代理人。我が国は、主権在民である。

軍部・官僚は、効率よく政治を行うために雇われた要員にすぎない。
官僚は、政治家からの頼まれ仕事に汗をかく人たちである。
軍部の暴走・官僚の横暴を抑えられない政治家は、その存在をゆるされるはずもない。
自分の飼犬を調教できない飼い主を選ぶのは、有権者の無責任であろう。
とかく、この世は無責任。

一億総玉砕と一億総懺悔ばかりを繰り返すのではたまらない。
国のありようは、国民一人一人のありようで決まる。
民主主義は最低だ。しかし、それを超える制度は存在しない。
我々有権者はもっと頭を鍛えておこう。

現実肯定主義にとらわれて、現実の矛盾を指摘できない。矛盾解消に向けて総決起できない。
立ち上がるための内容がない。だから、おとなしい。
意思のないところに解決策はない。意思 (will) は、未来時制の内容である。
日本語には時制がない。無為無策には、閉塞感と諦観が待ち受けている。

自分に意見がなければ、相手の言いなりになるしかない。「よきにはからえ」か。
我々の政府は、軍部の言いなりになるか、官僚の言いなりになるか、それともアメリカの言いなりになるのか。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


投稿: noga | 2011年8月 8日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/52414828

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争」と「平和」を語り継ごう:

« HIROSHIMAーFUKUSHIMA | トップページ | 2・11 — 3・11 — 9・11 »