« 国家による詫び状 | トップページ | 東海・浜岡・ふげん原発の廃炉 »

2011年10月 7日 (金)

石垣山一夜城歴史公園の放棄

111007wasteland 驚愕、唖然、言葉を失った。
 小田原市には、小田原城址とともに、天正18年の小田原攻めの陣城として太閤秀吉が造らせた「石垣山城」の史跡があります。小田原に転居以来、この歴史公園は最高の美景地として足しげく通ったものです。最近は歩行がままならず、やや遠のいていましたが、今日の快晴に誘われて出かけました。
 城址東側の大手口前の民有空地には人気パティシエさんのお菓子ファームが建設中で、工事車両が動き回っていました(11月初めに開店だそうです)。
 騒がしい雰囲気の中、この城址への一歩はこころ静まる豊かな時を期待させます。丘陵地とはいえ縄張りは良く残っていて、貴重な史跡ではありますが、市民のオープンスペースとしては理想的な公園です。いつものように今日も右側の迂回路から「二の丸」芝生広場に向かいました。整備された芝生広場は小田原で最高に美しい空間として記憶していましたが、一歩足を踏み入れて、驚愕、唖然、言葉を失いました。かつての美しい芝生は、見る影も無く変わり果てていました。信じがたい光景でした。小田原政府が、芝生を管理する費用も出せなくなったとは思えませんので、なにかよほど深い事情があったのでしょうか。「お菓子ファーム」の影響ではないでしょうが、市民には説明できない事情なんでしょうね。
111007yoroizuka その「お菓子ファーム」の工事中光景を城址の木立の隙間から眺めました。かつて、見事なコスモス畑があった場所に「店舗」らしきものが建っています。11月の初めにオープンといわれましたが、後20日ほどで「ファーム」が姿を表すような状況には思えませんでしたが、なんせ「一夜城」ですから、太閤さんの工期82日を凌ぐ早技を見せてくれるのでしょう。当方も、開店日にはなんとしても駆けつけたいと考えていますが---。
 10月23日には「一夜城まつり」、11月13日には「コスモス摘み取り体験」などで、この閑静な山上もにぎわうことでしょう。小田原市政府も、美しい景観にもう少し気を遣って欲しいものです。ヒルトンに差し上げた家賃1億1287万5000円あれば、何とかなるでしょうに。小田原片思いの貧乏市民の一人として、誠に悔しい。

|

« 国家による詫び状 | トップページ | 東海・浜岡・ふげん原発の廃炉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/52931508

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣山一夜城歴史公園の放棄:

« 国家による詫び状 | トップページ | 東海・浜岡・ふげん原発の廃炉 »