« ポーラ美術館 | トップページ | 木造仮設住宅 »

2011年10月28日 (金)

小田原市は一刻も早く外部監査を!

111028ev_nhk 二日ほど前のニュースです。NHKTVで「震災でエスカレーターが落下」と報道されました。『3月11日の巨大地震とその余震の際、宮城県と福島県の大手スーパーの店舗で、エスカレーターが下の階まで落ちる事故が3件起きていたことが、NHKの取材で分かりました』とのことです。人身事故がなかったので、この事業者「イオン」は情報を開示しなかったのでしょうか。この事故後229日が経過しています。この間大きな余震もたびたびありました。この事故の公表は欠かせないものであったにもかかわらず、NHKが取材するまで、どこの報道機関も情報を取得していなかったのでしょうか。信じがたいことです。情報を秘匿していたと言うことなのでしょうか。
111027yomiuri_3 NHKの報道後も、新聞報道は読売新聞(10/27)の小さな記事だけのようでした。わが家で購読している2紙でも、ニュースウェブサイトでも報道されませんでした。
 NHKの続報、「エスカレーター耐震対策見直しへ」で『事態を重く見た国土交通省は、ほかにも同様の事故がなかったか、確認を進めるとともに、耐震対策を法令で義務づけることも視野に来月にも検討を始める』と伝えています。エスカレーターの脱落落下事故は、大惨事を招きます。どうしてこの事故が229日も秘匿されていたのでしょうか。日本国の「報道力」日本国政府・地方政府の「情報対処能力」はどうなっているのでしょうか。既に「崩壊」してしまったのでしょうか。身近な地方政府も惨憺たるものです。
111027kanagawa_2 同じ日の報道です。何とも情けない「事件」です。小田原市政府の病状は、かなり深刻なようです。市立病院は、その中でも突出して無管理、無監査、思考停止状態なのでしょうか。9月議会での決算認定では、どのような監査が報告されたのでしょうか。現在の市政府の理事者では、管理監督ができていかない事態が露呈されています。
 小田原市議会9月定例会で承認された「権利の放棄」議案、ヒルトン事件は、このような体質の中から発生したのでしょう。一民間事業者のために、契約で定められている1億円を超える支払い義務を免除するなどということ、まともな事業体では考えられないことです。市民の付託を受けた議会が、何事もなく承認してしまう(反対議員は8人のみとか)というのも、信じがたいことです。議会権能の放棄です。
 平成22年度の決算によると、一般会計、特別会計、企業会計(水道と病院)の支出済合計は、1330億円です。決して小さな事業体ではありません。公益性の高い事業体には、監査法人による監査が義務づけられています。都道府県、政令指定都市、中核市も、外部監査を1年に必ず1度受けることが義務づけられています。その他の市町村も外部監査が求められていますが、未だに義務づけではないとして、監査委員監査(小田原市の監査委員は現在、岡本重治、井上久嘉、横田八郎の3氏)という、内部による監査のままで不正事件の未然防止ができずにきています。非常勤の監査人3氏で、1000億を超える監査がどうやってできるのでしょう。不正事件の責任を問うことなどできる訳もなく、監査委員は単なるアリバイづくりに利用されているだけといえるでしょう。どうしてこのような不公正なことが、いつまでもまかり通るのか。ヒルトン事件などはもちろん、病院の不正金銭処理など、外部監査であれば間違いなく不適正意見がつくでしょう。外部監査の費用は1500〜2000万円(決算総額の0.1〜0.2%)程度でしょうから、それを避けているというのは内部不正を隠蔽しようという意図としか考えられません。
 担税者の市民には、「住民監査請求」という制度がありますが、この請求を審査するのが監査委員ですから、請求が通ることはまずありません。住民訴訟を起こすことで、結論を得ることになりますが、これには市民にとって大きな費用負担が発生することになります。
 行政の公正を担保するものは、セレモニーではありません。一刻も早く「外部監査」を実施することの検討を開始し、速やかに最低限の公正を市民に示してください。ヒルトン事件は、当然のこととして住民監査請求になるでしょう。

|

« ポーラ美術館 | トップページ | 木造仮設住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/53105442

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市は一刻も早く外部監査を!:

« ポーラ美術館 | トップページ | 木造仮設住宅 »