« 小田原ヒルトン施設の評価額 | トップページ | 朝鮮の土となった日本人 »

2011年11月18日 (金)

「100円」で商店街の活性化

111118koumei 今日の公明新聞の報道で知りました。こんな試みが2004年からやられているんですね。今では78市町村で開催されているとのことです。大型店、全国展開の物販店などに対抗する、デフレの中での地域商店街の、逆手をとったような試みですね。「100円歯科検診」なんてのもあるようです。消費者は、100円ショップを初めとする廉価販売の大型店に足を運ぶのを、地域密着のお店、路面店に取り戻そうと言うことのようです。既に、商店街では研究済みのことでしょうが、一消費者の感覚としては、試みる価値あるように感じます。いかがなもんでしょうか。

|

« 小田原ヒルトン施設の評価額 | トップページ | 朝鮮の土となった日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/53272805

この記事へのトラックバック一覧です: 「100円」で商店街の活性化:

« 小田原ヒルトン施設の評価額 | トップページ | 朝鮮の土となった日本人 »