« ベテラン市議、小田原市長を射止めるか! | トップページ | “ヒルトン小田原”の売却を考える(4) »

2012年1月31日 (火)

節分

120131birthday “はる風がそよそよと 福はうちへとこの宿へ 鬼は外へと梅が香そゆる 雨か雪か ままよままよ こん夜もあしたのばんもいつづけしょ たまご酒”
 もうすぐ節分です。さきほど宅急便が「豆源」の詰め合わせを届けてきました。小唄のお師匠さんから、恒例の誕生日祝いです。“鬼は外”と撒く豆は大豆に限ったことでもないでしょうから、ウニ豆でも撒きましょう。そう、今日は誕生日。Facebook から誕生日祝いのメッセージをたくさんいただきました。始めての経験で、うきうきの今日です。家人は「とっておきのシャンパンで77ランチと思っていたのに、また出かけるのか」とご立腹ですが、いつづけする訳ではないので勘弁してもらいました。
 “鬼は外”と言い続けて、77年経ってしまいました。まだ言い続けています。これから、小田原市長さんに小田原市民からの「要望書」をお届けに伺いますが、市長さんはご多忙、ご多用とのことで、副市長さんにお時間を取らせることになってしまいました。ヒルトン事案についての要望です。
 我が誇り高き小田原が、外資ホテル事業者から、なんとも不快で不公正な要求をぶつけられ、振り回されている様には我慢ができません。毅然とした姿勢で対応して欲しいものです。今日一日くらい、こころ静かにシャンパンを飲んでみたいのですが、身から出た錆でしょうか。

|

« ベテラン市議、小田原市長を射止めるか! | トップページ | “ヒルトン小田原”の売却を考える(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/53868740

この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« ベテラン市議、小田原市長を射止めるか! | トップページ | “ヒルトン小田原”の売却を考える(4) »