« 小田原市議会3月定例会最終日の傍聴記 | トップページ | 浜岡原発の「防波壁」工事 »

2012年3月27日 (火)

柏崎刈羽原子力発電所6号機の運転停止

120327kasiwazaki 東京電力のプレスリリースです。
 『当社は、平成24年3月26日から柏崎刈羽原子力発電所6号機(改良型沸騰水型、定格出力135万6千キロワット)の第10回定期検査を開始いたしますのでお知らせいたします(3/21)』
 『当社福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所が停止する中、柏崎刈羽原子力発電所につきましては、順次定期検査に入っておりますが、明日3月26日より柏崎刈羽原子力発電所6号機の定期検査を開始いたします。これにより、当社の原子力発電所全てが停止することになります(3/25)』
 3月日午前1時46分、東京電力の原発17基すべてが停止しました。ご承知のように稼働中の原発は、北海道電力泊原発3号機(91.2万kW)のみとなりました。日本の原子力発電所概要一覧を更新しましたので添付します。
 野田政権は、内閣府原子力安全委員会が大飯原発の3号機と4号機の「安全審査」を承認したとして、その「政治判断」によって、再稼働のための地元自治体の説得に入るとしています。地元福井県はもちろん、各地域で再稼働に対する阻止運動が広がっています。民主党政権の「政治判断」が注目されます。
 当地小田原市でも、先の市議会で「原子力発電に頼らない社会の実現に向けた決議」が25対2で可決されています(民主党議員などの反対もあり、満場一致ではなかった)。小田原市行政も、再生可能エネルギー事業を推進しているのですから、小田原市長として「原子力発電に頼らない社会の実現に向けた意見」を表明して欲しいものです。(画像はWikipediaから)

|

« 小田原市議会3月定例会最終日の傍聴記 | トップページ | 浜岡原発の「防波壁」工事 »

コメント

松本様が「原子力発電に頼らない社会」をお望みになるのは、どうしてなのでしょうか?安全性に危惧されていると思いますが、工学的にどのような点に懸念をお持ちなのでしょうか?また、核のゴミと言われるプルトニウムの扱い方に心配なさっていらっしゃるのでしょうか?

ドイツでは、反体制運動をしていた共産党が、反政府運動の核心であった「ベルリンの壁」が崩壊てしまい、共産党そのものの存在意義が問われ、運動家たちは、アイデンティティの危機に陥りました。それを救ったのが、チェルブイリ原発事故です。当時、環境運動を行っていた団体と組んで、緑の党を結成し、環境問題の延長上に「原発からの放射能流失を防げ!」を位置付け、反原発運動=反政府運動を展開することになったのです。当時のドイツは原発政策を進めていましたので、反原発運動は、反体制運動そのものになったのです。これは、当時の左翼運動家の存在意義を発揮する格好の機会になりました。松本様の反原発も、「反体制に立つ」という信条からのものでしょうか?

投稿: カケロマ | 2012年3月28日 (水) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/54320854

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎刈羽原子力発電所6号機の運転停止:

« 小田原市議会3月定例会最終日の傍聴記 | トップページ | 浜岡原発の「防波壁」工事 »