« 柏崎刈羽原子力発電所6号機の運転停止 | トップページ | 「安全」は「政治」が判断??? »

2012年4月 1日 (日)

浜岡原発の「防波壁」工事

120124hamaoka2_2 3月23日、小田原市議会では『浜岡原発について、安全性が確保されない限り運転停止の継続を求める』という決議を可決(25対2)しています。浜岡原発は昨年から、画像の説明図の通りの大工事を始めています。この「防波壁」は基礎深さ20m、壁高さ12m×壁厚2m×総延長1.6Km、総工費1,000億円の巨大工事でスーパーゼネコン4社が請け負っているようです。この壁と盛土のかさ上げで浜岡原発を取り囲もうという「安全確保」工事です。
120401nankai1_3 昨日3月31日、内閣府設置の「南海トラフの巨大地震モデル検討会(第15回)」が開催され、記者発表がありました。この画像は、「震度分布図」の一部です。鹿児島県から千葉県まで広い範囲で震度6強に達する揺れを推定しています。神奈川県西地域は震度6弱とされています。浜岡原発の地域は震度7です。
120401nankai2_2 この図は、昨日の記者発表資料の「海岸の津波高さグラフ」の一部です。浜岡原発用地は、津波の高さ海抜(T.P.)21mと推定されています。巨大防波壁の計画高さは海抜(T.P.)18mですから、裕度を加算すると5~10mほど不足になってしまいます。追加工事をなさるのでしょうか。高さ25mの防波壁等というものが、自立し得るのでしょうか。工事費の増加は、中部電力の料金の値上げで賄うのでしょうか。
 「原子力の平和利用」のための技術開発は、まだまだ開発段階なのでしょう。実験室内の核操作を、商用技術に拡大することの危険が明らかになったいま、「脱原発」「自然エネールギー開発」に進む選択しかあり得ないでしょう。「再稼働の政治判断」など許されるものではありません。
(公開された資料による、南海トラフの巨大地震にかかわる神奈川県沿岸部市町の津波高さを記載します。横浜市鶴見区 2.5m/横浜市神奈川区 2.6m/横浜市西区 2.6m/横浜市中区 2.6m/横浜市磯子区 2.7m/横浜市金沢区 2.7m/川崎市川崎区 2.6m/横須賀市 5.2m/平塚市 4.0m/鎌倉市 9.2m/藤沢市 5.7m/小田原市 3.3m/茅ヶ崎市 5.0m/逗子市 8.2m/三浦市 6.2m/三浦郡葉山町 6.4m/中郡大磯町 3.7m/中郡二宮町 3.6m/足柄下郡真鶴町 3.7m/足柄下郡湯河原町 5.8m)

|

« 柏崎刈羽原子力発電所6号機の運転停止 | トップページ | 「安全」は「政治」が判断??? »

コメント

松本様 今回の新たに想定された津波の高さに、浜岡原発へのご心配、お察しします。浜岡原発、並びに静岡県がどのように考え、安全性確保のために実施、計画していることを知っておくことは、重要なことだと思い、書かせて頂きました。


水谷良亮・浜岡原子力総合事務所長らは「福島第一原発とは地震対策が違う」とコメントしておりますが、以下の様な点です。

◉福島第一原発
・津波対策は高さ5メートルまで。
・非常用ディーゼル発電機の設置場所タービン建屋内
・緊急炉心冷却システム(ECCS)が働かなくなった。電源が落ちて も非常用のディーゼル発電機で動くはずが、「想定外」の津波で故障

◉浜岡原発
・ 海岸との間に高さ10〜15メートルの砂丘があり、この砂丘が 津 波を防ぐとした。
・ 非常用ディーゼル発電機の設置場所について、強固な構造で水
 を通さない原子炉建屋内
・砂丘と原子炉建屋の間に、高さ18m、幅2mの「防波壁」を
 1.6キロにわたって整備する計画で、年内の完成予定
・冷却用の海水を取り込むポンプの周囲に防水壁も設ける
・ これまで浜岡原発にはなかった発電機車2台も確保
・ 10キロ圏内の御前崎、掛川、菊川、牧之原の4市を周辺自治体と  し、避難訓練などを行ってきた

福島の原発事故後、静岡県小林危機管理監は「あらゆる事態を想定し、地震対策を見直して欲しい」と中電に要望し、中電は、大震災を受けて新たな対策に取り組みを進めてきた。今回、保安院から中電に「新たに想定された津波21mに対して必要な安全対策を取るように」という指示が出され、中電は了承。また、静岡県の小川危機管理監は「新しい想定が出たのだから、当然の話。中電の津波対策が妥当なのか、国に判断してもらうことで、県民の安心につながれば良い」と話した。
御前崎市原子力政策室の担当者は「安全対策を向上させる意味では、高いレベルになることに越したことはない」と話した。

投稿: カケロマ | 2012年4月 4日 (水) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/54364013

この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発の「防波壁」工事:

« 柏崎刈羽原子力発電所6号機の運転停止 | トップページ | 「安全」は「政治」が判断??? »