« 今日の小田原 地方選挙投票日 | トップページ | 美しいまちの醜い公営事業 »

2012年5月22日 (火)

見よう! 聞こう! 言おう!

120521watch 小田原市の地方選挙は終わりました。市長には現職加藤憲一氏が圧倒的な勝利。投票総数の62%を得ています。
 同時に行われた市議補選、これには初めて私も関わりました。初めての選挙経験でした。地方選挙の制度には、はじめから終わりまで、違和感に包まれたまま幕が下りました。

 今年3月に、鈴木美伸小田原市議会議員が市長選立候補のため市議を辞職し(大野眞一氏は辞職しませんでした)、市長選と同時に市議補選が行われることが分かり、昨年の統一地方選で落選した(38票不足)女性現職3期目の檜山智子さんに再チャレンジを求めました。昨年の落選ショックは、周辺はもとより本人の失望感の大きさは痛いほど分かっていましたので、再チャレンジ要請にはためらいもありましたが、大勢の市民からの強い願望に、檜山さんもチャレンジを決断しました。議席を回復することも大切だが、市民に開かれた市議会を求める選挙を大切にしようと運動を始めました。
 そのメッセージが、「見よう!聞こう!言おう!」、三猿の教えのパロディーです。このメッセージをのぼり旗、たすき、Tシャツ、缶バッジ、そしてリーフレット、選挙公報にも記してさまざまな場で訴えました。大勢の支援者が駆け回ってくれました。駅頭でもメッセージを伝えました。(とても残念なことに小田原駅西口ではJR東海の監視員に排除されました。駅頭に混乱を起こすことも無く、静かな行動でしたが、駅頭からの立ち退きを強制されました。最も不快な経験でした。民主社会で公共の空間で政治メッセージの発信が私企業によって排除されることがあってよいのでしょうか。市民政治のためには大きな問題です)
 私たちは、極めて正常な、美しい選挙運動を展開しました。選挙事務所は、大勢の女性たちでにぎわい、楽しい時間を作っていました。わずか一週間の期間でしたが、全力を出し尽くしました。
 そして再度の落選でした。しかもかなり大きな差の落選でした。開票30分後には、趨勢が分かりましたが、前回と違い檜山候補者は泰然とにこやかに支持者たちに対応されていました。最後の挑戦のさわやかな終結でした。市議でなくてもできることをやろうと話されています。
 新しい女性の力が生まれ出しています。「見よう!聞こう!言おう!」を継承する市民が誕生しています。市民は変わります。議会を変えます。地方政治を変え、国政を変えます。

|

« 今日の小田原 地方選挙投票日 | トップページ | 美しいまちの醜い公営事業 »

コメント

檜山さんに敬意を抱いておりました。残念に思っております。しかし、ブログの更新も少なく、最近の内容もあまり興味を引きませんでした。私なりにその原因を考えてみました。恐らく、檜山さんの意見と異なる方、対立する意見を持つ方との意見交換が少なかったからではないか?と思いました。松本さんは、どう思われるでしょう?

加藤市長は、1期目の当選前のブログではコメント欄があり、様々な人が書き込みをしておりました。加藤さんの考えに賛同するコメントばかりではなく、厳しく批判するものもありましたが、加藤氏は真摯にそれにお返事をされていました。このような点が加藤さんへの支持を導いているのではないかと思います。

投稿: カケロマ | 2012年5月23日 (水) 12時51分

さわやかに、落選を受け止めたという事ですが。
それなら何故、次の選挙の為に、
新しい若い人を、団体として推さないのか、不思議でなりません。

補欠選挙で落選しても、認知され、次に当選する。
政策選挙を望むのであれば、特定の人の必要性は減少します。

市民活動を作り出しそこから代表を出す。
こうしたことが小田原市を変えて行くと思います。
檜山さんはブログの効果を理解していません。

更新最後の記事があれでは、票を減らしたことでしょう。
市議にはブログを勤務報告として、毎日書くことを義務ずけるべきです。

投稿: 笹村 出 | 2012年5月25日 (金) 10時04分

今回の選挙で桧山さんはみんなの党や大阪維新とのつながりが噂される露木さんの応援を受けたようですが、(昨年の知事選では露木さんを支持)憲法問題や日米安保、教科書問題など政策や思想的に相当の隔たりがあるとおもいます。思想的転向があったのならいざ知らず。一種の野合といえる状態だと思います。こういう部分も票を減らした原因だと思います。

市政報告のやり方は議員それぞれ自由があってしかるできですので、ブログの義務化は反対です。また、ネットでは本人が書いたかがわからないので代筆なんてこともできてしまいます。
これが一人歩きすると、大阪維新の会のようなパフォーマンスばかりが横行し一発屋見たいになりかねません。

投稿: 小田原不良市民 | 2012年6月 8日 (金) 09時07分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職務経歴書 | 2012年7月 9日 (月) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/54769630

この記事へのトラックバック一覧です: 見よう! 聞こう! 言おう!:

« 今日の小田原 地方選挙投票日 | トップページ | 美しいまちの醜い公営事業 »