« 小峰発電所(25)発電量が消費量を上回る | トップページ | 「脱原発」黙殺 »

2012年6月15日 (金)

給食に冷凍ミカンを?

120614ketsugi 昨日14日の小田原市議会は、議案関連質問で「駅前地下街再生・再調査費(2,500万円)」と「ヒルトン施設売却新スキーム正当性調査費(1,400万円)」が質疑されました(このことは改めて別記事で)が、この日の本会議で、「農産物の学校給食使用に関する決議」が可決されました。画像のような賛否です。賛否の公開は、サイトで初めて拝見しましたが、分かり易くていいですね。私はいつもの癖で、鉛筆片手にに集計していましたが、この賛否確認は容易でした.反対議員はたったの2名でしたから。議場報道席にいた記者の中で、東京新聞だけが、この決議のみ報道してくれました。
-----------------------------------------------------------
提供中止で小田原市議会が決議 「給食に冷凍ミカンを」
(東京新聞6月15日神奈川面)
 県内産冷凍ミカンから微量の放射性セシウムが検出されたのを理由に、横浜市と鎌倉市が学校給食で冷凍ミカンの提供を中止している問題で、ミカンの生産量が多い小田原市の市議会は十四日、「農産物に対する風評被害の拡大につながりかねない」と、給食で冷凍ミカンの提供を要望する決議案を賛成多数で可決した。
 決議案は七会派のうち六会派の代表が連名で提出。「農産物の生産に励む県内農家の存続を危うくさせる憂慮すべき事態」とも記した。署名を見送った会派の議員は「自治体にも独自の安全基準を設ける権利はある。生産者保護は国などに訴えていく」とした。
 県内産冷凍ミカンは、横浜市や鎌倉市などが独自に放射性セシウム濃度を測定。国の新基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を大幅に下回ったが、保護者の要望を重視し、給食での使用を中止している。 (横光竜二)
-----------------------------------------------------------
 みかん生産地の地方議員としては、地場産業の保護の立場でこの決議文を出されたのでしょうが、たとえ含有放射性物質が政府基準値を大幅に下回ったものであっても、独立性のある基礎自治体の学童保護の決定に「学校給食における使用継続を検討されるよう要望する」というのはいかがなものでしょうか。「放射性物質濃度が国の基準を大きく下回った農産物」だから、安全なんですよというのは、お母さんたちには通用しないでしょう。幼いこどもたちの内部被爆は、長期にわたって蓄積され、何らかの不具合をもたらす懸念を抱かれるのは当然のことでしょう。生産者と消費者の間に、おおきな亀裂をもたらすこのような決議の前に、「再稼働」などという国政に対して、「脱原発」を求める決議こそがまっとうな地方政治ではないでしょうか。

|

« 小峰発電所(25)発電量が消費量を上回る | トップページ | 「脱原発」黙殺 »

コメント

松本茂様

はじめまして。

鎌倉市議会議員の長嶋たつひろと申します。

「農産物の学校給食使用に関する決議」について、私のブログに松本様のブログのリンクを貼らせていただきました。

事後になりますが承諾いただけたら幸いです。

もしまずければ削除いたします。


投稿: 長嶋たつひろ | 2012年7月 4日 (水) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/54971475

この記事へのトラックバック一覧です: 給食に冷凍ミカンを?:

« 小峰発電所(25)発電量が消費量を上回る | トップページ | 「脱原発」黙殺 »