« 鞆の浦 海面埋め立て事業の中止決定 | トップページ | 『満月の夜の森で』 »

2012年6月23日 (土)

「アーバン」の恥辱を忘れるな!

120622tokyo アーバンコーポレーション!懐かしい倒産会社です。1984年の国鉄貨物駅跡地の買い受け以来、第一生命三井不動産、村井敬合同設計など、さまざまな展開がありましたが、2006年の村井敬合同設計との契約解消後、突如出現した新興不動産会社がこのアーバンコーポレーションでした。長期定期借地とか不動産の証券化とか、アイデアいっぱいのアーバン提案に引きずられて、このアーバンにも神奈川県と小田原市は多額の補助金を支給しました。
 村井敬合同設計登場までのコンサル等費用1億4235万円、村井敬合同設計には各種費用1億9092万円、アーバンコーポレーションには1億4235万円など、その他にもあるのでしょうが私が把握しているだけでも4億7562万円。多少不正確な部分があるかも知れませんが、精一杯の公開請求等で把握した数字です。
 小田原市政府も、さまざまな民間事業者とコラボされることもあるのでしょうが、よくよく相手を見極めてから取り組んで欲しいものです。このところの鉄道会社やホテルオペレーティング会社など、あまりウルトラCやウルトラDのスキームには、しっかり対応して欲しいものです。コンサル費用や調査費の追加・再追加支出は困ったものです。
 小田原市執行部も小田原市議会もアーバンの失敗からしっかり学んで欲しい。
(今日の神奈川新聞にはアーバンの報道はありませんでした)

|

« 鞆の浦 海面埋め立て事業の中止決定 | トップページ | 『満月の夜の森で』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55031628

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーバン」の恥辱を忘れるな!:

« 鞆の浦 海面埋め立て事業の中止決定 | トップページ | 『満月の夜の森で』 »