« 「脱原発」黙殺 | トップページ | 公正で誇りある小田原市行政を! »

2012年6月20日 (水)

東海大学医学部付属病院(伊勢原)

120620isehara 昨夕からの「雨や大風」かなりのものでした。TV報道のおかげか、お見舞い電話などいただいてしまいましたが、結局深夜2時ころまで起きていました。今朝は5時半頃散歩して、9時予約の標記病院まで出かけました。2008年7月8日に腰椎の手術をしましたので、その最後のアフターケアの診察のためです。4年後検診!9時0分57秒に整形外科外来で診察券を登録し、画像検査室にて待ち時間なしで撮影を済ませ再び整形外科外来に戻りウェイティング。我が外来ナンバー66番は、すでに表示されていて、2番目であることに安心。10分も待たずに診察室へ、1年ぶりの外科医先生にお会いし診断状況のていねいな説明を受け、「これでもう完璧です。何か気になる症状があったらご連絡ください。アフターケアは終了です」とのこと。会計処理の待ち時間も5分ほど。
120620isehara2 バス停前の待合室に隣接して、スタバがひっそりと営業していました。店名サインはこれだけ。気持ちのいい店です。ここに入ったのが10時前です。1時間かからずに外来診療が終了しました。この病院、かなり大規模な施設ですが、オペレーションシステムもペーシェントサポートも完璧です。いつ行っても、不愉快な思い、辛い待ち時間という記憶がありません。ガイドサインも完璧です。病院は不愉快なところ、病院に行くと病気になる、そんな「病院常識」は消え去っています。
 わが小田原市も、立派な市立病院を経営されていますが、もう少し管理運営の改善に努めていただきたいものです。外来診療の長時間待ち、スピーカーで呼び出す、耳障りな大音響だったり、聞こえない小声だったり、1時間近く大勢の外来客とともにホールで待っているのは本当に辛い。オペレーションシステムにもう少し工夫して欲しいとあらためて強く思いました。
120620isehara3 帰路の小田原厚木道路からの遠望です。台風一過!ドラマチックな雲の姿に見とれました。中央やや左に「霊峰富士」の姿も見えます。気持ちのいい病院帰りでした。


|

« 「脱原発」黙殺 | トップページ | 公正で誇りある小田原市行政を! »

コメント

「小田原市立病院の管理運営の改善に努めていただきたいものです」⇒お気持ちはわかりますが、無い物ねだりではないでしょうかね~?たしか、不祥事があった病院ですよね?

投稿: 小田原市民 | 2012年6月20日 (水) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55009545

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大学医学部付属病院(伊勢原):

« 「脱原発」黙殺 | トップページ | 公正で誇りある小田原市行政を! »