« 小田原市議会 議員ごとの賛否 | トップページ | 菖蒲見学・パトロール・お散歩デモ »

2012年7月 1日 (日)

7月1日から変わること

 つい先ほど、9時の直前の1分は61秒だったそうです。3年半ぶりとなる「うるう秒」が、7月1日に実施され、午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入されるのです。
 この日から変わる最大の事件、午後9時ころには大飯原発3号炉の制御棒が引き抜かれ核分裂が開始するのだそうです。ふたたびこの被爆国に核操作によるエネルギーの供給が始まるのです。日本国政府は「炉心溶融」などは想定外とした「防災訓練計画」をお立てになっていますので、何か深い秘策でもあるのでしょうか。大飯神社で活断層消滅祈願でもなさったのかな。我が野田政権は、この国をどうしたいのでしょう。国民の「生活」を守るためには国民の「生命」を危険にさらすことはやむを得ないとお考えなんですね。
120701hatsuden 再生可能エネルギー利用のお手伝いのつもりで始めた「小峰発電所」、5月に続いてこの梅雨季節の6月も自給率は100%を達成しました。7月も8月も9月も、100%目指してがんばります。空調機使用も程々にします。5月16日から6月13日までの「購入予定金額」は12,768円であると、東電様から通知をいただきました。同じ期間の「請求予定金額」は6,197円です。初めての大幅「出超」です。これも「Aらま〜」のおかげでしょうか。30A超過で警告音が鳴るように設定してあります。「ピー、ピー」と断続音が鳴りだすと、わが愛犬 Jean 君が吠えだします。「ごめん、ごめん」と慌てて何かの電気製品を off にします。
 ところでこの7月1日から買い取り制度が変わります。これまで買い取り価格は、1kWh当たり48円でしたが、これが42円に引き下げられるのです。電気料金は10%以上の値上げをする、買い取りは13%の引き下げをする。「原子力村」の身勝手、横暴は許し難いですね。値上げの原価算定には柏崎刈羽や福島それに大通りの費用支出まで入っているとか。再生可能エネルギーへの市民努力に冷水を浴びせるような施策も「原発温存・核開発維持・安全保証」のためなのか。ささやかでも、苦労を重ねての節電努力が虚しいですね。

|

« 小田原市議会 議員ごとの賛否 | トップページ | 菖蒲見学・パトロール・お散歩デモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55092040

この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日から変わること:

» 今日の誕生花の松葉菊の花言葉は怠惰。 野田首相はうるう秒使って小沢処分決断か? [自分なりの判断のご紹介]
右の写真は 松葉菊。 ツルナ科の 常緑多年草, 原産地は南 アフリカで 5~6月ごろに 桃、白、黄、 紅紫、淡紅の 花を咲かせます。 今日7月1日の 誕生花。 花言葉は 怠惰、のんびり気分 ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 2日 (月) 00時45分

« 小田原市議会 議員ごとの賛否 | トップページ | 菖蒲見学・パトロール・お散歩デモ »