« 小峰発電所(26) 10,149kWh の累積発電達成 | トップページ | NO 全国電力関連産業労働組合総連合 »

2012年9月 2日 (日)

67年間 敗北を抱きしめ続けて

120902surrender_1 67年前の8月15日、昭和天皇は「朕(ちん)深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑(かがみ)ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲(ここ)ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇(そ)四國ニ對シ其(そ)ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ」という詔をラジオ放送で臣と民に告げました。
 8月30日、Supreme Commander for the Allied Powers の Douglas MacArthur が厚木陸軍航空基地に降り立ちました。そして彼は、東京湾に停泊したアメリカ戦艦ミズーリに the Allied Powers の面々を呼び寄せて、この戦艦の甲板上において「天皇及日本国政府ノ国家統治ノ権限ハ本降伏条項ヲ実施スル為適当ト認ムル措置ヲ執ル聯合国最高司令官ノ制限ノ下ニ置カルルモノトス」という降伏文書に、敗戦国代表重光葵(外相)と梅津美治郎(大本営参謀総長)に署名させ、その上で彼を筆頭に、合衆国、中華民国、聯合王国(英国)、ソ連、オーストラリア、カナダ、フランス、オランダ、ニュージーランドの代表者が署名しました(画像の署名欄が途中から1行ずれているのは、カナダ代表のウッカリだったのですが、そのまま署名式散会、祝宴に移られたようです)。
120902surrender_2 67年前の今日、この国は建国以来初めて「敗北」を経験し、国体を維持するために「従属」を選択することになったのです。「擧國一家子孫相傳(あいつた)ヘ確(かた)ク神州ノ不滅ヲ信シ」て「總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ」て67年、敗北の結果としての「従属」を抱き続けてきたのです。暴虐な加害者から従順な従属者への変身のようにも見えますが、これが国体の維持と言うことなのでしょうか。
 3年前の「政権交代」は、ささやかな自立のつぶやきだったのですが、合衆国に一蹴されてしまったようです。一体「日米同盟」という覇権国家の保護体制がなければこの国は存在し得ないのでしょうか。あまりにも怯懦な67年。責任を忘れ、従属を忘れたのか、忘れた振りをしているのか、このままで生き続けていけるのでしょうか。1952年の「講和」「安保」の縛りから60年、1972年の沖縄密約から50年、いまだに「望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保する、それが米国の目標である」という John Foster Dulles の願望は、完璧なまでに貫かれてきました。ささやかな抵抗を示すような総理大臣は、失職してしまうという仕掛けは米国が維持しているのか、この国の経済界が維持しているのか。
 「行政協定」「安保条約」の破棄に向けての政略を決断しない限り、「国際社会において,名誉ある地位を占めたいと思ふ」という日本人民の願望は消え去ってしまいます。

|

« 小峰発電所(26) 10,149kWh の累積発電達成 | トップページ | NO 全国電力関連産業労働組合総連合 »

コメント

日華事変において、大日本帝国は「暴虐な加害者」ではありません。

日華事変は、盧溝橋の一弾で開始された偶発戦争だという見方がありますが、誤りです。偶発戦争など個人間は知らず、近世以降の国家間の戦争では考えられないことです。

戦争に至るには、片方の軍事計画が必ず存在し、その発動を以って開戦となります。宣戦布告や最後通牒の手続きによるのではありません。しかし、日華事変は、宣戦布告無しに始まったので「戦争」と呼ばずに「事変」と言われます。

この日華事変の原因は、蒋介石=ファルケンハウゼン計画にあります。
蒋介石がファルケンハウゼン軍事顧問団長が作成した戦争計画に承認を与えることにより開始されました。まず、上海にいる海軍陸戦隊(上陸「しゃんりく」と呼ばれた)を挑発し、本国からの陸軍部隊とともにゼークトラインに呼び込み、攻撃させ死体の山を築かせることにあったのです。この作戦計画は結果がわかっている現在から見れば、愚かに見えるかもしれませんが。

投稿: じろうたろ | 2012年9月 4日 (火) 01時04分

岸信介元首相が、著しく不平等だった日米安保条約を改定してくれました。地位協定の問題がありますが、国際社会での日本の安全、とりわけ中国、ロシアから守るためには、アメリカの核の傘に入っていないといけません。

また、核不拡散条約に加盟していますので、国際世論の下では、核兵器を企画することさえできません。さらに技術的にも、現在の日本にある原発では、プルトニウムの濃度が低過ぎて核兵器が作れませんし、

日本にある軽水炉型の原発で作られるプルトニウムには、原爆に適したプルトニウム239とともに同位体のプルトニウム240も多く含まれます。 このまま原爆を作ると暴発(自発核分裂)の可能性があって兵器としては役に立ちません。

米国が北朝鮮に対し、核兵器開発放棄を条件に軽水炉を提供すると提案する理由もここにあります。軽水炉の原発では、核爆弾が作れないからです。

投稿: マコ | 2012年9月 5日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55562264

この記事へのトラックバック一覧です: 67年間 敗北を抱きしめ続けて:

« 小峰発電所(26) 10,149kWh の累積発電達成 | トップページ | NO 全国電力関連産業労働組合総連合 »