« 住宅貧困を放置するのか URの解体 | トップページ | 「敬老会」そして蓮花残像 »

2012年9月13日 (木)

「巨大レベルの人権侵害」

120911tokyo 一昨日9月11日、ニューヨークではWTCの跡地で、11年目の慰霊セレモニーが行われていました。その日の東京新聞の特集記事です。大東亜共栄圏構想が霧散して67年です。後発の資本主義国が、「一流国」を目指してアジア諸国を切り従えていた頃の大日本帝国が犯した、まさに「巨大レベルの人権侵害」がこの慰安婦問題です。アジアでの帝国の罪、日本国での罪の中でも、この問題だけは逃げ果せないこの国の国際的課題です。経済一流半国かも知れませんが、国家倫理としては世界中から指弾し続けられている三流国家になっています。韓国政府が認定した元慰安婦は234人だそうですが、現在存命者は60人とか。あと5、6年もすれば、一人か二人と言うことになるのでしょう。そのとき私たちは「謝罪」の機会を永久に失ってしまうことになります。「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」という夢は消え去ってしまいます。
 小さく意固地に朝鮮半島に対峙する姿は、あまりにも醜い。とんがった政治家のためにするような発言は、この日本列島の生育を圧迫し続けます。真剣な政治課題に取り上げるべきときだと、強く思います。東アジアの平和は、私たちの生存の基盤です。

|

« 住宅貧困を放置するのか URの解体 | トップページ | 「敬老会」そして蓮花残像 »

コメント

当時の従軍慰安婦は、日本の警察官の初任給が45円の時、月給300円で募集され、全員自発的に慰安婦となったものです。
当時はソウルはもとより、北京、ロンドン、パリ、ニューヨークなどいたるところに売春窟がありました。
ある従軍慰安婦は、当時の金で2万4千円の貯金がありました。それは、当時の日本で家が7軒も買える額でした。
売春婦に謝罪する必要はありません。
今現在も、韓国の売春婦が5万人ほど日本で商売をしているといわれています。
朝鮮半島で生まれ育った松本様は、いつも日本が悪いとおっしゃるのですね。
しかし、歴史的事実は全く異なります。
史実に基づいたブログを記述されるようお願いいたします。

投稿: くにかず | 2012年9月13日 (木) 21時34分

松本さんは、マスコミの流言に踊らされ過ぎです。

韓合同調査の結果、はっきりしているのは慰安婦(売春婦)は存在したが、日本軍が強制連行した証拠が何一つ存在しないこと。唯一発見された文書は昭和13年に陸軍省通達「軍慰安所従業婦等募集に関する件」という命令書のみであった。その趣旨は民間の悪徳業者による誘拐まがいの行為、即ち「強制連行」を軍が警察と協カして止めさせようとしたものである。一方、韓国側としての証拠は被害者側の「証言」だけです。

客観的事実のみを整理すると、慰安婦は日本統治の遥か以前から存在しており、朝鮮人ブローカーが斡旋を取り仕切り、当時としては桁はずれの報酬が支払われていた事である。事実、文玉珠という慰安婦は、平成四年に2万6145円の郵便貯金返還の訴訟を起こして敗れている。ちなみに当時の陸軍大将の俸給は年間6600百円、二等兵の給料は年間72円でした。
 
当時、公娼制度は合法であり、軍から許可を得た業者が募集・運営を取り仕切っていた。経済的理由から親に売り飛ばされたり、やむなく募集に応じたものも多かったが、報酬額からみて商業的な契約に基づく労働であったと言わざるを得ず、過酷な性奴隷を強いられたと主張するには無理がある。事実、軍での仕事は手っ取り早く稼ぐ手段しとして日本人の慰安婦も数多く存在していたのである。

時代は変わりますが、韓国軍はベトナム戦争時、各地で無差別住民殺害事件を起こし、売春婦でない一般人を『強姦』して2万人以上の混血児(ライタイハン)をベトナム女性とのあいだに残したことに対して 補償はおろか謝罪すらしていません。 自らの非を認めず、非の無い日本に賠償を求める国など、まともに外交できるはずありません。

投稿: じろうたろ | 2012年9月15日 (土) 12時55分

日清・日露戦争に勝利した大日本帝国は、アジアで最貧国であった朝鮮(国家予算の2/3を日本からの借金でまかなっていた)に乞われて併合し、朝鮮人を同じ日本人とした。世界最大級の水豊ダムを始め、発電所・病院・鉄道・工場を建設。100校以下だった公立学校を京城帝国大学(大阪大学設立は三年後)を頂点とする5213校に増やし、ハングル語教育・識字率の向上に努め、陸・海軍士官学校の入学を許可して軍幹部の育成にも努めた。

他国の植民政策との比較ですが、スペインの植民地であったインカ帝国の人口は1600万人から108万人に、アメリカ原住民のインディアンは150万人から35万人まで激減するなど、白人による植民地政策は略奪・殺戮・搾取によるものであった。一方、日本の統治期間を通じて朝鮮人の人口は1910年の1310万人→1945年の2512万人に急増、平均寿命は1910年は24歳→1945年は45歳に伸びるなど、朝鮮の近代化に大きく貢献していることは統計から明白に読み取れます。

投稿: じろうたろ | 2012年9月15日 (土) 12時58分

朝鮮の人は、敗戦と同時に日本人を裏切り、ソ連軍と共に多くの無防備な日本人居留民を虐殺・略奪・強姦しました。むしろ日本は朝鮮人の恥知らずな国民性を責めるべきではないでしょうか?

彼らの目的は、賠償金が目的である事を把握する必要があります。
そもそも朝鮮と日本は戦争をしていないため賠償責任は無く、両国は『日韓基本条約』によって日韓間の請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決したものとして合意した。日本は朝鮮半島の残置資産702億5600万円(1945年8月15日時点、外務省朝鮮在外財産評価額)、現在の物価で13兆3486億円に相当する莫大な資産を放棄。さらに韓国は朝鮮半島を代表して当時の韓国国家予算のおよそ1.5倍に相当する5億ドルの無償・有償協力資金(他に民間協力資金3億ドル)を受け取っています。

また、彼らは歴史を捏造してでも相手を謝罪させることによって、常に立場の優劣をはっきりさせねば気が済まない民族なのかもしれません。朝鮮民族の特性として、自分らが強い立場になると弱い者を徹底的に攻撃する習性がありそうです。これこそが、以前松本さんがおしゃっていた「事大主義」ということだと思います。

投稿: じろうたろ | 2012年9月15日 (土) 13時02分

松本様、小生の勉強のため、是非、反論をお願いいたします。

投稿: しろう | 2012年9月17日 (月) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55649245

この記事へのトラックバック一覧です: 「巨大レベルの人権侵害」:

« 住宅貧困を放置するのか URの解体 | トップページ | 「敬老会」そして蓮花残像 »