« ヒルトン売却スキームの「調査」委託費1,400万円の「成果」 | トップページ | バッサリ伐採?電線保守? »

2012年10月16日 (火)

Union pour un Mouvement Populaireの 極右化

121013akahata 標記のフランス共和国の大政党 UMP は今年の5月の大統領選挙、6月の国民議会選挙で大敗しフランス社会党に政権を奪われて、野党に転落しました。元与党・現野党の UMP では11月に総裁を選挙で選びますが、その有力候補者の二人、コペ幹事長とフィヨン前首相が「極右」顔負けの移民排斥などの政見を打ち出しているという記事がしんぶん赤旗に出ていました。

 どこかの国と同じようなことになっていますが、フランスではルペン氏のFN(サルコジさんが負けた選挙では17.9%の票を獲得)支持層に食い込もうという選挙対策と見られていますが、我が国はいまだ、議席を有する正統極右党は存在しませんが、これまでは自民党とその周辺政党に極右的言質を放つ議員が居る程度できていますので、幻の「維新・復古党」に怯えての「保守党の極右化」なんでしょうね。

 「フランス共和国」は、国名から察する通り共和制国家、一方「日本国」は、国名からは政体を読み取れない不思議の国。「大日本帝国」は天皇主権の帝政国家であることが読み取れますが、「日本国」は帝政でも共和制でも立憲君主制でもない、ただの国「無政体国」なんですね。成熟した共和制国家の極右化の行方も、アジアでの孤立化を選ぼうとする「無政体国」の到達点も、はなはだ案じられます。

 フランスのメディアは「右派と極右の結合」と非難しているようですが、日本国のマスメディアには、なんの危機感は無いようです。言論統制など身近に迫っているはずなんですが、どうしたことでしょう。原子力規制庁の報道規制などへのメディアの対応は、報道者の弱さをさらけ出したように思えます。

|

« ヒルトン売却スキームの「調査」委託費1,400万円の「成果」 | トップページ | バッサリ伐採?電線保守? »

コメント

「国名からは政体を読み取れない不思議の国。」とありましたが、そのような国は、他にもありますし、その国家の歴史ではないでしょうか?

例えば、カナダもマレーシアも国名からでは、連邦立憲君主制国家であることがわかりません。他にも下の通りたくさんあります。

モンゴルは「モンゴル国」
イスラエルは「イスラエル国」、
ウクライナは、「ウクライナ」
カタールは「カタール国」
クウェートは「クウェート国」

投稿: マコ | 2012年10月18日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55904006

この記事へのトラックバック一覧です: Union pour un Mouvement Populaireの 極右化:

« ヒルトン売却スキームの「調査」委託費1,400万円の「成果」 | トップページ | バッサリ伐採?電線保守? »