« バッサリ伐採?電線保守? | トップページ | サンフランシスコ 負けなし7連勝でチャンピオン »

2012年10月25日 (木)

ジャイアンツ vs タイガース

800pxatt_park

 昨日午後、サンフランシスコに入りました。最近はロスアンゼルスから足を伸ばすこともありませんでしたので、本当に久しぶりのSFでした。まさに「懐かしのサンフランシスコ」、空港から町に入るまで、タクシーの車窓から涙目で風景を凝視してしまいました。今回の旅はまったくの妻任せ、ユニオンスクエア至近のレトロなホテル(オーセンティックと称していますが)に投宿。さっそくTV。いやはやSFジャイアンツの強いこと。かの豪腕投手ヴァーランダーを打ち崩していました。パブロ・サンドバルの3打席連続ホームランとは、出来過ぎですね。というわけで、気持ち良く夕食に出かけましたが、町のスポーツバーは盛り上がっていました。予約なしで飛び込んだイタリアンレストランは45分待ちとかで断念。そぞろ歩いて見つけた地中海レストランで、オリーブなどつまみながらシェリーならぬナパワインで、祝勝乾杯。阪神タイガース65年来のファンの当方、はじめてGiantsに祝杯、妙な気分です。

 SF Giants は、かつて「キャンドルスティックパーク」という、かなり南部郊外のサンフランシスコ湾に面した球場をホームにしていましたが、とても寒冷な土地で、夏場のナイターでさえ、毛布をかぶって観戦という始末でした。20年ほど前だったでしょうか、町中に球場新設を計画しましたが、住民投票で設置が否定されてしまいました。チームはさまざまに努力し、同時にチームを引き上げるぞと脅すなどして、やっとこ設置承認にたどりついて、現在のAT&T スタディアムに落ち着いた次第ですが、ご承知のようにライト側のすぐ側が湾という変形球場です。ここのホームランは、海に飛び込んでしまいます。
 カリフォルニア州の住民投票は、実にさまざまな住民意思確認をしますので、賛成派vs反対派のプロポジション戦争はにぎやかなものです。ディベートの国ですから、市民間の論議は「市役所改修に予算をかけていいのか、そんなことより弱者救済に予算を取れ」などと、一筋縄ではいきません。ジャイアンツのホーム球場移転も、僅差の勝負だったように思います。
 町の活性化というのは、住民が真剣に考える、お役所任せにしない、そんなことから始まるのではないでしょうか。かの奇矯な東京都知事は、オリンピック誘致などとほらを吹いたままで、突然辞任などとうそぶくとは、万死に値するものです。地方政治などお遊びの一つとでも思っていたようです。こんな無責任老人を選出した都民の愚かさにはうんざりです。選挙権停止にしてやりたい思いです。
 ジャイアンツの話から脱線してしまいましたが、今日からの第2戦はそう楽な仕事ではなさそうです。帰国するまでには結着はつかないでしょうね。閑話休題、早朝の「オーセンティック」ホテルでのぼやきでした。(画像はWikipediaから)

|

« バッサリ伐採?電線保守? | トップページ | サンフランシスコ 負けなし7連勝でチャンピオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/55971284

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ vs タイガース:

« バッサリ伐採?電線保守? | トップページ | サンフランシスコ 負けなし7連勝でチャンピオン »