« 小田原市宿泊等施設売り払いに関する市民説明会 | トップページ | 人類史上最長の大量虐殺 »

2012年11月14日 (水)

住まいは人権 スペインでも日本でも

121113akahata_2 今日は、党首討論やら解散やら、政治屋たちの卑猥な話題にうんざりです。明日から、寒さが厳しくなるという「天気予報」の方が、重大ニュースです。

 ニューヨークにも、石原東京都にも、橋下大阪市にも、この神奈川県にも、そしてわが小田原市にも、家を失った大勢の方たちがいます。住まいは人権、決して失ってはいけない人権です。
 今月10日、NHK BSで「スペイン危機を生きる〜住まいを求めて連帯する市民たち〜」を観ました。今週の金曜日16日の午後6時30分〜6時49分に再放送されます。
 いま、話題になっているバルセロナの市民運動のドキュメンタリーです。しなやかで、率直で、果敢な市民運動の姿が描かれています。ぜひご覧になってください。
 このような、うねりがEU労連を動かして、強い力として経済政策を変えさせるまでになってきたのです。住まいを得る権利、奪ってはいけない人権です。

|

« 小田原市宿泊等施設売り払いに関する市民説明会 | トップページ | 人類史上最長の大量虐殺 »

コメント

松本さんは、「○○する市民のネットワーク」という名称の団体を作ったり、関わったりしてますよね。その活動は長続きしてないですよね。なぜですか?

「離合集散を繰り返しては、新しい団体が次々できる」という感じがしています。

投稿: マコ | 2012年11月15日 (木) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/56114430

この記事へのトラックバック一覧です: 住まいは人権 スペインでも日本でも:

« 小田原市宿泊等施設売り払いに関する市民説明会 | トップページ | 人類史上最長の大量虐殺 »