« 「財産の処分について」が審査されました | トップページ | 「 財産の処分について」が議決されます »

2012年12月 8日 (土)

12月8日です

121208war_map 1941年12月8日、国民学校1年生に入学した年の12月です。寒い校庭で「御真影拝礼」「宮城遥拝」「校長訓話」と、かなり長い「直立不動」でしたが、こころは燃えていました。我が神国がいよいよ立ち上がった、不逞の鬼畜米英を叩き潰して、アジアを解放するのだという高揚した気持ちで、寒さを感じませんでした。翌年の2月には、「昭南島陥落祝賀提灯行列」に嬉々として参列しました。光化門前で、大きな声で万歳三唱したのをしっかり記憶しています。皇軍は連戦連勝、わが父親は太平洋の大きな地図上の占領地に、つぎつぎと日の丸の小旗を刺していました。

 明治維新によって徳川政権を倒し、この小さな島国を近代国家として成長させたこと、脱亜入欧、国際的にも認知された軍事大国に成長し、新国家「満州国」を設立し、その結果として欧米植民地主義大国との「戦争」が宣言されたのがこの日です。「戦争」は外交の延長ですから、その到達目標があったはず。にもかかわらず、ずるずると戦線拡大して3百万人を超える自国民と1千万人を超えるアジア人などの生命を奪う悲惨な結末に居たって初めて「無条件降伏」。オキナワを捨て石にして、本土決戦を回避するという惨めな結末。
121208children_2  これが、立憲君主国大日本の政治力、統治力、外交力だったのです。
 またぞろ「維新」などを標榜する愚か者たちが、この国の政治の世界に登場しだして、一定の支持を得ている。この国の長年の政権党は、憲法を改定して「国防軍」を強化して戦争に備えるという、67年経つと、何もかも忘れてしまう言うことなのだろうか。維新 restoration 王政復古で、アジアの支配者になろうとでも言う夢か。それも対米従属という縛りのなかで。
(画像は、J.W.Dower, "Embracing Defeat"から) 

|

« 「財産の処分について」が審査されました | トップページ | 「 財産の処分について」が議決されます »

コメント

>この国の長年の政権党は、憲法を改定して「国防軍」を強化して戦争に備えるという、67年経つと、何もかも忘れてしまう言うことなのだろうか。

そのようなことはございません。松本さんは、兵役に就かれたのですか?戦地の惨状を体験されたのですか?

忘れるも何も、松本さんご自身が太平洋戦争に関し、
お忘れになっていることが多いのではありませんか?
なぜ日本が真珠湾を奇襲しなければならなかったのでしょうか?

当時の国際政治において、あるいは、国際法下において、
世界各国は戦争をどのように理解していたのか、ご存知ではないのですか?戦後、国連(UN:正しくは、連合国)の組織が発展した理由をお忘れではないでしょうか?それとも、鼻っからご存知ないのですか?


>維新 restoration 王政復古で、アジアの支配者になろうとでも言う夢か。

そんなことをこの時代に考えている政治家はいないです。日本は貿易立国です。外国が裕福で日本の製品サービスを購入してくれないと、日本の社会そのものが成り立ち難くなっているのです。私の同級生は、これから大学進学しますが、「勤務先=海外」と思っている子は多いです。

投稿: マコ | 2012年12月 8日 (土) 16時13分

「対米従属」から脱するには、日本自身で自前の戦力を持ち、集団的自衛権の行使ができなければならないでしょう。松本さんは、そのことを理解できないのですか?

権利ばかり主張して、国家予算からの保障をばかりをするまるで、「たかり」のような人権団体と同じ立ち位置なんでしょうか?

投稿: マコ | 2012年12月 8日 (土) 16時18分

「沖縄戦の悲劇〜戦争のやり方の問題」http://www7.plala.or.jp/machikun/shima3.htm

残念ながらこの地域住民の退避がうまくいかないうちに米軍が襲ってきてしまった。結局、沖縄戦は民間人がごっそり残っている中で日本軍と民間人が一緒になって米軍に追われる、という最悪の事態となってしまったのである。

投稿: マコ | 2012年12月 8日 (土) 19時17分

当時、欧米列強がアジア、アフリカの国々を植民地化していました。既にロシアが東進政策により、侵略と略奪を繰り返し、太平洋まで領土を拡大してしまいました。日本がロシアを始め欧米列強の支配から免れるためには、富国強兵し、朝鮮半島を渡してはなりませんでした。そのためには満州を渡さないことが生命線となっていました。
そしてそこでは軍閥が跋扈する中で経済活動も行われていましたが、日本人の安全を確保するためには軍隊の駐留も必要でした。
アメリカは、アメリカ大陸ではモンロー主義をとりながら、中国大陸では門戸開放政策を要求しました。
このような残虐で強欲な白人の欧米列強によるアジア支配のもくろみに日本はどうすればよかったのでしょうか。
処刑された東条英機首相の苦悩を理解すべきです。

投稿: そうた | 2012年12月 8日 (土) 19時41分

「マコ、そうた」と称される方たちへ
お若いように思いますが、もう少し勉強してください。あなたがたは、まだまだ、この国に生き続けるのですから。

投稿: 松本茂 | 2012年12月 8日 (土) 20時55分

>「マコ、そうた」と称される方たちへ
お若いように思いますが、もう少し勉強してください。


どのような書籍を推薦して頂けるでしょうか?学術的に評価の高い本(きちんとした専門書)を読みたく思っています。

ところで
松本さんが「沖縄を捨て石にした」と言うのは、歴史や軍事に関する書籍を読んでいないからだと思いました。新聞や政党の機関紙に書いてあるものを読んで、「知った気になった」だけではないかと思います。

松本さんは、戦争から何も学ばれていないと思います。大東亜戦争の前、開戦後、日本の新聞は、どんなことを書いたか忘れたのでしょうか?そして、日本国民が大東亜戦争にやっきになり、戦果にの報に湧いた理由を考察されたのでしょうか?

小泉郵政解散や前回の鳩山民主党が勝った選挙でも、国民が熱狂しました。その理由を考察されたでしょうか?

いずれも、マスコミにのせられたのです。それは、この松本さんのブログも同じものだと思います。自分の主張に都合の良い情報、いい加減な情報を流して、有権者をのせようしているように思います。

投稿: マコ | 2012年12月 9日 (日) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/56277451

この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日です:

« 「財産の処分について」が審査されました | トップページ | 「 財産の処分について」が議決されます »