« 3つの「タワー」に考える | トップページ | 年末身辺雑記1 »

2012年12月17日 (月)

ひと言

 「暴走老人」がこう言ったそうです。有色人種で唯一の近代国家「日本」。

 自民党の「比例代表得票率(政党支持率)」は27.66%。自民党の「獲得議席率」は79.00%。選挙制度による「圧勝」が意味するものは、議会制民主主義の自死です。身を削って「完全小選挙区制」にしたときが「近代国家」の崩壊です。
 1950年からの「謀略」の上に築かれた敗戦後日本が、再度の「謀略」で目を覚ますのだろうか。私たちの「近代国家」が試される時に至ったようです。

|

« 3つの「タワー」に考える | トップページ | 年末身辺雑記1 »

コメント

>選挙制度による「圧勝」が意味するものは、議会制民主主義の自死です。

なぜです?そう思う松本さんの理由が抜けております。

>身を削って「完全小選挙区制」にしたときが「近代国家」の崩壊です。

どうしてです?う思う松本さんの理由が抜けております。

投稿: マコ | 2012年12月18日 (火) 01時21分

1950年からの「謀略」というのは、何でしょうか?
戦後日本は、「奇跡の復興」と呼ばれる高度経済成長を果たし、
非常に豊かな国家を築いてきました。

昔、トイレは屋外にあり、冬は寒さに耐えて用をたしました。
風呂も薪を焚いていましたが、今は電気による火力コントロール、
衛生状態の向上は、寿命を伸ばしてきました。

松本様は、社会の現実を歪んで見て来られたと思います。

投稿: じろうたろ | 2012年12月18日 (火) 11時17分

1)「1950年からの「謀略」」とは、具体的に何を指しているのか?
2)「選挙制度による「「圧勝」が意味するものが、なぜ「議会制民主主義の自死」なのか?
3)身を削って「完全小選挙区制」にしたときが、なぜ「近代国家」の崩壊なのか?

これらについて丁寧にor具体的に説明がなされません。

松本さんご自身が、「こんなことを言ったら、かっこいいかな〜?」と自己陶酔して書かれているのでしょう。分かったふりして書かれているようですが、何にも意味も持たない文章です。

投稿: ゴロウ | 2012年12月20日 (木) 01時22分

松本さんは、このブログで何回も書かれているように、朝鮮で生まれ朝鮮で育ちました。日本より大切に思っている故郷を石原氏に近代国家ではないと罵られ、ご立腹なのでしょう。
腹いせに日本を罵倒しているのです。
いつも日本を悪しざまに言って、悦に入っているのです。
そんなに韓国にシンパシーを感じているのなら、お帰りになればよいのにと思ってしまいます。

投稿: そうすけ | 2012年12月22日 (土) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/56340199

この記事へのトラックバック一覧です: ひと言:

« 3つの「タワー」に考える | トップページ | 年末身辺雑記1 »