« 都市の整備 | トップページ | 10年連続二千円札ゼロ=来年度=日銀発表 »

2013年1月31日 (木)

運転免許更新 認知機能検査

130129kensa3 一昨日の1月29日、標題の検査を受けました。昨年の10月に通知を受けて、検査日の予約を取ったのですが、年明けの1月29日この日しか空きがないとかで、3カ月以上も待たされての「検査」。小田原ドライビングスクールに、12時30分に集合とのお達し。ランチタイム無視の無情な指定。訳の分からない惚け老人を束ねる知恵なんでしょうね。

130129kensa1 30分ほど待たされてから検査開始。確かに「受検者」たちは、手間ひまのかかるお方たちばかりで、係員もたいへん。でも、この検査は3年前の更新時とほとんど同じ。ぼけてはいますが、多少は学習機能が生きているようで、極めて稚拙な検査にいらつきながらも、ほぼクリアできました。個人情報の最たるものですが、「総合点 −2.842点」という訳の分からない検査結果を画像で公開します。
130129kensa2 この画像が、その訳の分からない採点方法の解説です。訳分かる必要はありませんと言うことでしょうが、あと2.842点引かれると、惚けと言うことなんですね。3年後はどうなっているのだろう。
 その後は「夜間視力・静止視力・動体視力・視野」の検査、そしてシュミレータでの「運転適正診断」、最後にコースに出ての運転実技、検査結果の発表で終了。15時50分でした。検査費用6,000円。これらの検査は3年前と全く同じ。だんだん慣れてきますね。

130131licsense 翌日30日に、小田原警察署で更新手続。再び視力検査、写真撮影などの後、新免許証の交付。30分ほどで終わりました。更新手数料2,500円。免許証裏面に臓器ドナーの生前意思表示の署名欄ができました。20年以上遅れての変更措置ですね。署名はしましたが、ぼけ老人から提供できる臓器があるのでしょうか。この3年に1回の不快な行事でかなりくたびれたのでしょうか、今朝6時の起床時に、立ち上がれずふたたびベッドに倒れこんでしまいました。つぎの3年目は無いのかな。

|

« 都市の整備 | トップページ | 10年連続二千円札ゼロ=来年度=日銀発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/56666038

この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許更新 認知機能検査:

« 都市の整備 | トップページ | 10年連続二千円札ゼロ=来年度=日銀発表 »