« 「主権回復の日」の式典開催?? | トップページ | 東京都写真美術館ホール »

2013年3月19日 (火)

芸術文化創造

 芸術文化創造センターの基本計画のプレゼンテーションが5人の建築家から、明日の20日にあります。6年前の醜態を避けるためか、この5人は結構手堅いメンバーが多いようですが、SANAAさんも加わっています。審査員のみなさん、衆人環視の中でどのような応答をなさるのでしょうか。聞いてみたいものですが、11時から16時までの長丁場は、多分耐えきれないと思いますので、断念しました。

 基本計画の作成に1年ほどおかけになるようですが、その間にぜひ小田原市政府の文化政策を平行してしっかり制定して欲しい。ホールという建造物は、設計も施工も可能でしょうが、その施設がなんになるのか。50億60億という出費は、この町の方々にとって、お一人3万円程度のご負担です。過剰な負担ではないでしょう。
 この施設が「芸術文化創造」の役目を果たすためには、市民が「芸術文化創造」出費を合意する必要があります。来年度の当初予算に建設費の歳出を提案されるなら、その金額の半分程度30億円「芸術文化創造事業費」(5年間の継続費?)を組んで欲しいものです。年間6億円の出費です。
 このホールの三の丸での建設は、わが小田原市の都市整備の行方を指し示すことになります。設計者はその責務を負うことを決して忘れないでください。

|

« 「主権回復の日」の式典開催?? | トップページ | 東京都写真美術館ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/56987180

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術文化創造:

« 「主権回復の日」の式典開催?? | トップページ | 東京都写真美術館ホール »