« 国際社会において名誉ある地位を占めたい | トップページ | 都市公共建築物の寿命 »

2013年3月31日 (日)

原発災害に対して自治体ができること

130331sakura 今朝は雨模様です。早咲きしたサクラも今日で終わりですね.桜吹雪でいたるところ白小紋です、美しくもあり悲しくもあるこの季節です。福島県の被災者の方々もサクラを楽しんでいただいているでしょうか。原発被災の避難地区にもサクラは咲いているのでしょうね。

130331hirata_2 今日は年度末の日曜日です。2010年5月22日に設立された「市民政治グループ@あしがら」も4年目の年度を迎えます。午後1時から総会を開催し、その後午後3時から政治サロン『原発災害に対して自治体ができること』を行います。講師は南相馬市議会元議長の平田 武氏です。原発災害と言う未経験の被災に対して、自治体がどう対処し、何ができて、何ができなかったのか、生々しい体験をお聞きすることができます。花吹雪の中、福島の方々に思いを馳せて、お出かけください。

|

« 国際社会において名誉ある地位を占めたい | トップページ | 都市公共建築物の寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/57071863

この記事へのトラックバック一覧です: 原発災害に対して自治体ができること:

« 国際社会において名誉ある地位を占めたい | トップページ | 都市公共建築物の寿命 »