« チェアマンレース小田原版 | トップページ | いよいよ「ネット選挙」!!!? »

2013年5月20日 (月)

芸術文化創造センタープロポーザル案市民説明会

130520art_center 先週金曜日(5/17)の夕刻、小田原市民会館大ホールで「芸術文化創造センタープロポーザル案市民説明会」という長い名前のイベントがありました。この日は環境省の動物愛護の基本指針お見直しの審議を初めて傍聴しましたが、傍聴人の多さにびっくりしました。50人くらいはいらしたように思いました。委員長の審議運営もなかなか的確で、さすが霞ヶ関と感心しました。帰宅後すぐに市民会館に伺いましたが、会合表示板には記載が無く、勘違いしたのかなとがっかりしました。まさか大ホール使用とは驚きです。なにかの冗談なんでしょうか。定員1098人の大ホールに50人にも満たない方達がまばらに着席されていました。

 委員長氏の経過説明などを経てやっと新居氏の「技術提案書」の説明が始まりました。彼の案の生真面目さどおり、まことに誠実実直なご説明でした。画像にはそのプレゼンボードを示しましたが、かなり不鮮明で分かりにくいですね。市の公式サイトに事務局所管課がアップしたデータは、ダウンロードできない設定で、この画像はスクリーンショットからとったものです(読み取りは市のサイトで)。
 小田原市の要求条件を全て満たすべく、かなり苦労なさったのでしょうね。実質8千平米ほどの変形敷地に、10,740平米の「芸文センター」を何とか押し込んだという優れものです。氏の誠実なご説明には胸がいっぱいになりましたが。こんなことでいいのでしょうか。今回のこの公共施設は、小田原市のランドマークになるべき歴史地区に設置されるのです。容積率が100%を超えるような施設を作るなど言語道断です。これから「基本設計」の作業を1年間掛けて続けられるようです。当初予算で委託料65,213,000円が承認されました。
130520art_center2 この画像は、落選したSANAA事務所(妹島和世:西沢立衛ほか)の「技術提案書」です。1200人の大ホールと300人の小ホールを背中合わせにした富士山型のビルを敷地中央におく、極めて単純明快な提案。市が求める諸施設は別棟で仮設のように配置しただけと言う、これまた素っ気ないほど明快な提案(市のサイト)です。小田原市の無理難題をさらりとかわした名案かも知れませんが、消し去られてしまいましたね 。
 この大事業、小田原市の都市整備にとって、致命傷となるような施設計画です。平成元年から続いてきた大計画です。小田原市政府には、後世の市民負担にならない「誠実」で賢明な施策を進めていただきたい。

|

« チェアマンレース小田原版 | トップページ | いよいよ「ネット選挙」!!!? »

コメント

松本さん
>容積率が100%を超えるような施設を作るなど言語道断です。

なぜ言語道断なのですか?理由をお書きにならないのは、どうしてですか?

>小田原市の都市整備にとって、致命傷となるような施設計画です。

どのように致命傷になるのですか?動線に問題が生じるのですか?

投稿: マコ | 2013年5月21日 (火) 11時04分

8年くらい前に「城下町ホール反対運動」を松本さん達が中心になって行なわれました。その結実が、今回の「芸術文化創造センター」なのです。

松本さんは、そのことをどのように理解されているのでしょうか?

建築の素人である市民の声を反映したものが、芸術文化創造センター計画なのではないでしょうか?住民運動の結実なのではないでしょうか?

小田原市民の負担になるか、愛される市民ホールになるのか、判明するまで、松本さんにはお元気で頂きたいです。「市民運動の結果」を見届けて頂きたいと思っています。

投稿: かず | 2013年7月 5日 (金) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/57422573

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術文化創造センタープロポーザル案市民説明会:

« チェアマンレース小田原版 | トップページ | いよいよ「ネット選挙」!!!? »