« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月25日 (火)

6月25日そして6月30日

 1950年6月25日、米ソにより南北2分割(北緯38度線)占領されていた朝鮮半島で戦争が始まりました。私は、この年の4月に新制高校(初の男女共学)に入学したばかりでした。戦争の激化、日本工業界の戦争協力(特需ブーム)で、一部階層は敗戦後初めての「好景気」に沸き立っていました。私の高校は明治通り(環状5号線)に面していたので、元帝国陸軍赤羽工廠に向かう破損した米軍戦車の陸走車などの往来で異様な光景が展開されていました。戦争終結後わずか5年でまた戦争です。警察予備隊、保安隊と「再軍備」の進展、そして労働運動(主に国労)に絡む謀略事件の多発、血のメーデー、レッドパージ、共産党の非合法化などなど、いま思い出しても身の毛のよだつような、「非民主化」「逆コース」が強行され、マッカーサー占領政策の大転回(日本の恒久的浮沈空母化)で戦後民主主義は崩潰してしまいました。冷戦の開始、私にとっては「政治」理解の出発になりました。

 それからすでに63年、今日の日本国の政治状況をどのように評価すべきなのでしょうか。日曜日の東京都議選、投票率43.42%、自民党と公明党は全候補者当選。自民党は昨年4月27日に「日本国憲法改正草案」を決定しております。この草案が目指すものは、憲法を遵守する義務を国民に課し、基本的人権は「公益及び公の秩序」のもとに制限され、軍隊を創設し、自衛権という戦争ができる国にするという「改正」のように読み取れます。

130630uehara 今週末の30日(日)午後2時より、小田原市川東タウンセンター「マロニエ」202号室で上原公子さん(元国立市長)をお呼びして「自民党憲法草案から、安倍政権のめざす国を読む」政治サロンを開催します。先週から資料づくりに入っています。草案全文はもちろん、改憲をめぐる貴重な資料を用意しています。

 上原さんは、柔らかな語り口で鋭い問題指摘を、分かり易く、しずかに話されます。2007年2月4日、市長職にあった当時ですが現在の「ケヤキ」大ホールでも講演をされていますが、やはり「憲法」をもとに有事法制や国民保護法などについて話されました。(この講演会のまとめ記録(A4,7頁)があります。古い資料ですが添付しておきます。「070204uehara.pdf」をダウンロード

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

「文化というものは政治を反映する中枢」

130622louvre 今年の2月に未来社から出された翻訳書です(訳者は塩谷敬氏)。久しぶりに熱中して読んだドキュメントですので、みなさんにもぜひお読みいただきたいと思い、記事にします。表題は、著者ジャック・ラングの結語のようなものです。ジャック・ラングは今風に言えば市民運動から文化大臣、議員になった1939年生まれのヴォージュ県人です。

 1981年ころから2012年のルーヴル・ランスの開館、ルーヴル・アブダビの契約まで、20年ほどの文化政策の闘いを記録したものです。もちろんラング自身の「思い・理念・思想」がさまざまな文化・政治局面でずっしりと語られています。この期間は、まさにフランス共和国が「再生」した時代と言ってもいいのではないでしょうか。豊富な記録は感動的、かつ多彩なものですので、この翻訳書を手にして読み取ってください。
 ここでは、ひとつの話題だけご紹介します。ルーヴル・ランスの設計コンクールの姿です。ランスはパ・ド・カレ県にある衰退が進む炭坑町(住民の6割が非課税対象)です。この町が選ばれた経緯も、興味あるものですが、設計コンクールでの選定手法を紹介します。3人の建築家が最終選考に残りました。フランス人リュディ・リチオッティ、英国系イラク人ザハ・ハディド、そして日本人ユニットSANAA(妹島、西沢)。2005年9月、町の再生に責任を持つ県会議員が評決したのです。
 SANAAを選択する議案については賛成票22(社会党、緑の党)、反対表22(国民運動連合、フランス民主連合、国民戦線、フランス共産党)の同数でしたが、県総裁のペルシュロンが代表者として2票の権利を持っているので、まさに僅差でSANAAが実施設計をになうことになったと書かれています。ペルシュロンたちの評価は、「派手さもない、メディア受けもしない、日本人にありがちな平凡さに見えるが、シンプルで透明感があり理にかなっている、奇抜さで人の気を引こうとしない、景観にすんなりと溶け込む」としています。
 設計者の選択、私たちの町でも、たびたび、つい最近も、この選択が行われました。決して安易になさったのではないでしょうが、設計選択にどなたが責任をお持ちになっているのでしょうか。このルーヴル・ランスは選択責任主体が明確です。2012年クリスマスの開館、それ以後の美術館状況は、当時国際的には無名であったこのユニットを選択した勇気の先見性を証明しています。
 「文化というものは政治を反映する中枢」地方地域にもこの思想を広げ、文化で差別化する都市間競争をするべきではないでしょうか(暴力政治と言う戦争政策ではなく)。このドキュメントを、安倍内閣総理大臣が目にすることもないのでしょうが、わが町の市長には、ぜひ読んで欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

取り返しのつかない愚行

130620asahi 「史跡と緑の共生」のため、古木を半分近く伐採し、残った古木は樹高を半分にする、なんと言う「共生」なんでしょうか。

 江戸末期の郭取りを示す、地下遺構の障害になるから古木を伐採する、私には信じがたいことです。私も建築史を専攻した人間ですから、史跡・遺構を守ることは大切なことだと考えていますが、米蔵の割り栗石の保存のために、このクスノキの素晴らしい樹林の姿を破壊することには承服できません。
 この樹林は、小田原城址の中でもっとも美しい景観を保って来たのですが、すでにこれまでにかなりの「枝おろし」で破壊が進んできました。今回の2分の1の伐採は致命的な景観破壊です。都市景観の貴重な救いとなっている城址の古木は、かけがえのない都市遺産です。小田原市民のみなさんはいかがお考えなんでしょうか。小田原市職員のみなさんは、いかがお考えなんでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

1937年の新聞と2013年の新聞

130615contest 紫金山とは南京市北東部にある景勝地の山です。「東京日日新聞」は「毎日新聞」の前身です。もちろん今日の毎日新聞の報道姿勢は当時とは違うと思います。でも、びっくりしますね。wikiでは"contest to cut down 100 peoplle"と表記されています。(Wikipedia

130615asahi  なぜ、こんなひどい話を思い出したのか。今日はいろいろ多彩なイベントがありましたが、締めくくりは新宿でした。帰路にキオスクで買った朝日新聞の夕刊記事を読んでのことです。かなり性質の違う「事件報道」ですが、マスメディアの業(ごう)に目を覆う気持ちがしたのです。

 この二つの大手新聞社、立派な企業ですし、それなりに社会的使命を果たされているのでしょうが、この記事はなんとも気持ちの悪いものです(特派員さんご免なさい)。レーシングカーの試乗記ではないと思いますが、「独特の加速」を報道するより、離島防衛のための自衛艦への着艦の「歴史的瞬間」の評価を報道して欲しいですね。大手マスメディアの姿勢は本当におかしい。「後世の歴史家の評価に任せる」のかな。

(1937年の新聞はWikipediaにアップされていたものです)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

もう一つのアメリカ現代史

130611akahata アメリカ合衆国にも「左翼」はいますよね。でもなにか物珍しい感じはします。オリバー・ストーンやマイケル・ムーアなどの映画監督など、リベラル派が登場しています。

 ピーター・カズニック氏とストーン監督が制作したTVドキュメンタリー(The Untold History of the United States)
 これまでに、7回分が放映されていますが、明日の12日に第8回が、13日に第9回、14日に第10回がそれぞれ深夜0時に放映されて完結します。1〜10回のタイトルは次のとおりです。
#1 第二次世界大戦の惨禍(World War Two)
#2 ルーズベルト、トルーマン、ウォレス(Roosevelt,Truman & Wallace)
#3 原爆投下(The Bomb)
#4 冷戦の構図(The Cold War 1945−1950)
#5 アイゼンハワーと核兵器(Eisenhower,the Bomb & the Third World)
#6 J.F.ケネディ〜全面核戦争の瀬戸際〜(JFK: To the Brink)
#7 ベトナム戦争 運命の暗転(Johnson,Nixon & Vietnam: Reversal of Fortune)
#8 レーガンとゴルバチョフ(Reagan,Gorbachev & the Third World)
#9 “唯一の超大国”アメリカ(Bush & Clinton: American Triumphalism)
# 10テロの時代 ブッシュからオバマへ(Bush& Obama : Age of Terror)
 とても貴重な映像が、その時代の政治状況を描き出しています。毎回50分足らずの番組ですが、貴重な現代史を振り返ることができます。ぜひご覧ください。1〜7回分保存もあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

小峰発電所(28) 自給率135%

130603hatsuden 久しぶりの小峰発電所の報告です。3.11以降かなり節電に努めたつもりでしたが、昨年5月初めて、発電量が消費量を上回り128%を記録し、5ヶ月に渉り100%を超えました。

 先月5月には、遂に発電量/消費量135%という記録を達成しました。一日の発電量は、これまで最大で19.8KW(昨年5月)でしたが、なんと先月は、20.1KW発電が5月5日、8日、24日と3回もありました。まさか、設置設備が性能アップしたわけではないでしょうから、太陽光が強力になるという突然変異でもあったのでしょうか。月間発電量もこれまでの最高が425KW、この5月は478KWと、かなりのアップです。
 経年劣化で発電力は低下するものと思っていましたが、アップしてきた不思議、自然環境の変化なんでしょうか。嬉しいような不安のような「小峰発電所」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

いよいよ「ネット選挙」!!!?

130602wedge  日本国憲法前文冒頭の宣言です。「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」

 私たちは「正当に選挙された国会における代表者を通じて行動」するという政治システムの中で「主権」を行使するのです。でもこの「選挙」は国会においてさまざまに「加工」されて、「違憲」「選挙無効」が司法から遠慮がちに宣告されています。
 今日の日曜日、この2月に生を終えた姉の納骨のため大崎の寺院まで、大嫌いな「東海道新幹線」で慌ただしく出かけました。昼過ぎの「こだま」でしたが、満席。やむなくグリーン席に変更し、例の社内誌WEDGEを手にしました。画像は特集記事の見開き見出し頁です。見出しの意味は良く分かりませんが、「ネット選挙」に選挙管理上の変更があったことは事実ですので、これが7月の選挙結果にどのように「正当に」作用するのか、「ガラパゴス状態の」日本国ではきわめて気がかりではあります。
 この特集記事は、4月19日に成立した解禁法の及び腰な中身の批判と、米国での大統領選挙の実態を中心に、韓国でのネット利用の進展(これが一番日本国の参考になっているようですが)など、それに奇妙きてれつな規制だらけの「ガラパゴス選挙」への批判記事などを掲載しています。
 6月の東京都議選挙、7月の参院選挙、この国の行く末、この国の憲法の行く末を定めるような選挙ですが、JR東海さんにとっては、画像に登場している「5つの党」だけが選挙に参加するかのごとくです。この民営鉄道、なんとも変な公共交通機関ですね。主権者相手のおいしいご商売ですから、少しは気遣いして欲しいですね。
 この特集記事(9頁)にご関心のある向きには、この冊子お貸しできますのでご一報ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »