« 芸術文化創造センタープロポーザル案市民説明会 | トップページ | 小峰発電所(28) 自給率135% »

2013年6月 2日 (日)

いよいよ「ネット選挙」!!!?

130602wedge  日本国憲法前文冒頭の宣言です。「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」

 私たちは「正当に選挙された国会における代表者を通じて行動」するという政治システムの中で「主権」を行使するのです。でもこの「選挙」は国会においてさまざまに「加工」されて、「違憲」「選挙無効」が司法から遠慮がちに宣告されています。
 今日の日曜日、この2月に生を終えた姉の納骨のため大崎の寺院まで、大嫌いな「東海道新幹線」で慌ただしく出かけました。昼過ぎの「こだま」でしたが、満席。やむなくグリーン席に変更し、例の社内誌WEDGEを手にしました。画像は特集記事の見開き見出し頁です。見出しの意味は良く分かりませんが、「ネット選挙」に選挙管理上の変更があったことは事実ですので、これが7月の選挙結果にどのように「正当に」作用するのか、「ガラパゴス状態の」日本国ではきわめて気がかりではあります。
 この特集記事は、4月19日に成立した解禁法の及び腰な中身の批判と、米国での大統領選挙の実態を中心に、韓国でのネット利用の進展(これが一番日本国の参考になっているようですが)など、それに奇妙きてれつな規制だらけの「ガラパゴス選挙」への批判記事などを掲載しています。
 6月の東京都議選挙、7月の参院選挙、この国の行く末、この国の憲法の行く末を定めるような選挙ですが、JR東海さんにとっては、画像に登場している「5つの党」だけが選挙に参加するかのごとくです。この民営鉄道、なんとも変な公共交通機関ですね。主権者相手のおいしいご商売ですから、少しは気遣いして欲しいですね。
 この特集記事(9頁)にご関心のある向きには、この冊子お貸しできますのでご一報ください。

|

« 芸術文化創造センタープロポーザル案市民説明会 | トップページ | 小峰発電所(28) 自給率135% »

コメント

現憲法は、日本がまだGHQに占領されていて、主権がマッカーサーにある時に制定された憲法です。当然アメリカに都合の良いように作られているわけですね。

投稿: マコ | 2013年6月 3日 (月) 15時27分

「中国・韓国」と日本の関係について、フランスで次のように放送されています。日本は、情報においてもガラパゴスです。

http://youtu.be/kNR6NZm9Pps

投稿: マコ | 2013年6月 5日 (水) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/57511167

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ「ネット選挙」!!!?:

« 芸術文化創造センタープロポーザル案市民説明会 | トップページ | 小峰発電所(28) 自給率135% »