« 租税回避 巨万の富隠す漆黒の闇 | トップページ | 被災時の伴侶動物同行避難 »

2013年8月26日 (月)

お城でリハビリウォーキング

130826walking1 7月26日に退院して、今日でちょうど1カ月、東海大病院のリハビリPTの言いつけ通り、右肩・腕のストレッチに励んでいますが、下半身もよれよれですので、昨日の雨の中から、初めてのリハビリウォーキングを始めました。今日は1時間ほど遅く6時時半ころ出発。市道0087を東進、お茶壺橋・二の丸広場・学橋・お堀端通り・馬出門・お茶壺橋・0087を西進というコースで7時半ころ帰宅。わずか2,818歩でした。大賀ハスは元気な葉だけを眺めてきました。

130826walking2

 お堀端通りのサクラ古木にこんな表示がありました。老朽サクラ3本を伐採し、年末近くに補植するとの説明はいただいていましたが、やはり痛々しい思いがします。この通りは史跡外ですから、観光課のお仕事のようです。樹木管理は、この観光課がお城の周辺、史跡内は文化財課、市道脇は道水路整備課、公園はみどり公園課となっているようです。植栽管理課なんて課は難しいのかな。植栽の管理は、都市経営の重要施策と思います。

130826walking3 お茶壺広場には、こんな古びた警告板が相変わらずたっています。この看板は2008年に、この広場に8本ほど立てられたものの残骸です。「立ち入り禁止」と言う規制から、「小田原城址公園愛犬家の会」が発足。放置糞の収集活動を続け,飼い主の啓発努力を続けてきた結果、現在では放置糞は見られなくなりました。そろそろ、この醜い警告板は撤去しても良いのではないでしょうか。今でも、幼稚園遠足からの苦情があるのでしょうか。

130826walking4 これは、道路脇の「工事告知看板」で、市道0087の仮舗装を掘り起こして本舗装をすると言う工事のようです。今朝、水道局職員さんと小田原ガスの社員さんが説明にみえられました。この工事はまた別途で、市道0087の内青橋方向の「国安道路」、問題の狭隘道路、相洋高校をはじめとする生徒諸君の通学路、幅員5mほどのひどい危険道路(競輪送迎バスさえ通ります)、ここを掘削して、10月から上水道管とガス管の交換工事をするとのこと。夜間工事で車両通行禁止にしての工事とか。難しい工事になりそうです。いつまで、この問題道路を放置しているのだろう。沿線住民が死に絶えるまで待っているのだろうか?都市経営者は何を考えているのだろう。競輪客の立ち小便姿を見せつけられ、生徒たちと競輪バスのすれ違いを見るたびに、怒りが込み上げる。小田原無政府状況か?

|

« 租税回避 巨万の富隠す漆黒の闇 | トップページ | 被災時の伴侶動物同行避難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/58067666

この記事へのトラックバック一覧です: お城でリハビリウォーキング:

« 租税回避 巨万の富隠す漆黒の闇 | トップページ | 被災時の伴侶動物同行避難 »