« 戦意高揚はどう行われたか | トップページ | 被災時の応急バラック!!! »

2013年8月17日 (土)

光化門と景福宮

130817seoul この8月は近年になくきつい月です。肩腱板断裂の手術後、右肩に保護装具をつけられて1カ月、昨日の16日に、やっと外していただきました。

 人心地がついて、昔話です。画像は1992年に行われた「国民学校」の同窓会の集合写真です。場所は「朝鮮京城府、朝鮮総督府」前での記念撮影です(前列右端にいるのが21年前の私です)。
 私は、1941年4月、新制度になったばかりの「国民学校」に入学し、1945年の敗戦を迎えた夏休みのまま学校解散、9月に日本国に逃げ帰りました。1945年8月15日の天皇「詔」がNHKで放送され、植民地の日本人たちは茫然自失、その夜、トラックに乗った朝鮮人たち(当時は日本国籍)が見慣れない赤旗を振ってデモンストレーション走行したのにも、ただ唖然として眺めているだけでした。警察官も下級の巡査は皆朝鮮人でしたから、平然と進行したのでしょうね。
 この朝鮮総督府は、1910年の日韓併合後、景福宮(大韓帝国王宮)の正門光化門を取り壊して1926年に建てられたものです(設計者はドイツ人のGeorg Lalande 設計途中で死去)。光化門は廃棄されるはずでしたが、柳宗悦らの尽力で1Kmほど西の位置に移築して残されていました。市電「光化門駅」は子供時代に慣れ親しんだ駅でした。王宮の前に居座っているこの大建築、歴史的建造物とは言え植民記憶の象徴、屈辱の象徴ですので、たびたび撤去の声が上がっていましたが、庁舎や博物館(写真は同窓会一同が見学後の撮影)などに利用されていましたが、1995年に解体撤去されました(尖塔部分だけが保存されています)。

130817kohkamon 2010年8月、大工事の末に原初の位置に堂々とした「復元整備」が完成披露されました。画像はおおぜいの市民に公開された日のバーズアイ写真です。

 8月15日は「光復節」と呼ばれる独立回復の祝祭日です。朴大統領のしなやかな演説「過去を直視しようとする勇気と、相手の痛みに配慮する姿勢がなければ未來へ進む信頼を積むのは難しい」は、隣邦日本国への苛立を抑えた忠告でした。
 この熱暑の8月、東アジアの友好を破壊しようとする心ない蠢動を押さえ込むのは、私たちの国際的な責務になりつつあります。

|

« 戦意高揚はどう行われたか | トップページ | 被災時の応急バラック!!! »

コメント

≪1945年8月15日の天皇「詔」がNHKで放送され、植民地の日本人たちは茫然自失≫
松本さんが、「植民地」という言葉をどのような定義で使われているか存じませんが、日本は朝鮮を植民地にしていません。
植民地とは、欧米列強がアジア・アフリカに対して行ったように、搾取し、略奪し、隷属させることを指しますが、日本は朝鮮に対してそのようなことはしていません。
それどころか、日本の一部として、日本の国家予算を投じて、小学校を5100校造り、それまで李氏朝鮮に使用を禁じられていたハングル文字の教科書を作り、識字率4%だったものを1945年には60%まで高めました。
そのほか、両班、奴婢などの身分制度をなくし、鉄道、道路、橋梁、発電所などを造り、平均寿命も延び、人口も増えました。
これをどうして「植民地」とおっしゃるのか、私としては戸惑います。

≪過去を直視しようとする勇気と、相手の痛みに配慮する姿勢がなければ未來へ進む信頼を積むのは難しい≫
そのまま韓国大統領にお返ししたいです。

しかし、それは、思いやりのある日本人にとって韓国民には言いにくい話です。なぜなら朝鮮半島の歴史は、大雑把に言えば、日本、中国等の属国としての歴史になるからです。
華夷秩序の中で中国皇帝に毎年、麦三千俵、米三千表、美女三千人を献上し、世界の中でも貧しく、最も不衛生な国だったと称された歴史を直視しなさいとは言いにくいのです。
朝鮮半島の真実の歴史はみじめなのです。だからこそ、韓国は仕方なく歴史を捏造するのです。

松本さんも、思いやりを持って、韓国の歴史捏造に騙されているふりをされるのですか。

投稿: すずき | 2013年8月18日 (日) 09時21分

すずきさんの思想ですと、アメリカに従属することで、軍国日本が高度工業国化されたことに、感謝の念を持てと言うことになるのですか。

投稿: 松本茂 | 2013年8月18日 (日) 09時35分

松本様 
すずきさんの問いかけの答えになっておりません。

「朝鮮半島と日本の関係」と「米国と日本の関係」は全く異なるからです。

アメリカは日本を占領したことがありますが、統合したことも植民地にしたこともありません。更に「日米繊維摩擦」に始まる「日米経済摩擦」が長く続き、激しく対立をしてきました。最近話題になったアメリカのデトロイト市が財政破綻した遠因には、日本の自動車産業に席巻された歴史があります。このことを見ても「日本がアメリカに従属してる」などとは、決して言えません。更に日本が米国債を市場に大量放出すれば、米国経済は急激なインフレが起こり、ボロボロになると言われています。

すずきさんの問いに対して松本さん御自身の見解をお示し下さい。

投稿: カケロマ | 2013年8月18日 (日) 19時01分

カケロマさん 「日本がアメリカに従属していない」ことを立証してください。

投稿: 松本茂 | 2013年8月18日 (日) 19時57分

 つい最近、東京駒場の民芸館に行きました。そのとき岩波新書「柳宗悦」を知り、8月15日を考える会の帰りに有隣堂で買いました。「光化門『破壊』反対」という一節に読みかかったところで、本ブログに出会いました。何か縁を感じます。
 柳宗悦は民芸運動の創設者としてではなく、平和運動の思想家として見直されているようです。

投稿: 笠原久弘 | 2013年8月20日 (火) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/58011111

この記事へのトラックバック一覧です: 光化門と景福宮:

« 戦意高揚はどう行われたか | トップページ | 被災時の応急バラック!!! »