« 小田原城址公園でのウォーキング | トップページ | 特定複合観光施設区域整備推進法 »

2013年9月15日 (日)

平塚らいてうの「貸家プラン」エスキース

130915raiteu_plan 1919(大正8)年8月、平塚らいてうは名古屋での「婦人講習会」で講師を務め、その関連で繊維工場など11ヶ所の女工労働の環境を視察しています。帰京後、突然のように「貸家事業計画」を企画し、8月20日資金調達、借金支援の申し出をしたようです。その申し出企画は、しっかりしたものです。自宅敷地は150坪余あり、南側が大きくひらけて眺望も良い空地があり、ここに2軒の貸家を建てる。建築費は坪当たり70円、2軒の建築費2,800円、井戸1ヶ所、門2ヶ所、垣根、庭などで500円、総費用3,300円を借用したい。家賃は年に720円(月額60円)、地代、保険料、家屋税が年に180円(月額15円)、残金540円を返済金に充てる。初年度は利息が231円、返済金が309円だが、元金の減少で利息が減っていくので、大正16年で完済できるとする9年間の返済明細書がついています。らいてうの計画では9年後からの家賃収入月額50円ほどが、5歳と3歳の子供の教育費に使えればありがたいとの心づもりであったようです。このエスキース、大工さんと相談しながら仕上げたのかもしれませんが、当時の標準設計をよく示していて、貴重なドラフトです。

130915raiteu_letter
 申し出先は、彼女の信頼する支援者梅田きよ(二宮町居住,梅田潔氏夫人)でしたが、諸事情があったのか借金はかなわなかったようですが、他の手法で事業実現させています。左の画像はその手紙ですが、解読は町田寿郎氏(二松学舎大学)のものを折井美耶子氏が再解読されて、レポートされています。研究者とはたいしたものですね。これが読めるのですね。
 2軒の貸家は出来ましたが、「新婦人協会」の事務所に使われたり、市川房枝氏などが住んだこともあったようです。
130915rauteu_report  この記事は、すべて「平塚らいてうの会紀要第6号」に記載の折井美耶子氏「平塚らいてうの新婦人協会構想と市川房枝」(P24~43)によって紹介するものです。この号には、らいてうのお孫さん奥村直さんの特別寄稿,米田佐代子氏の「戦後の女性運動における平塚らいてうと市川房枝-資料解説を中心に」も掲載されています。

|

« 小田原城址公園でのウォーキング | トップページ | 特定複合観光施設区域整備推進法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/58196628

この記事へのトラックバック一覧です: 平塚らいてうの「貸家プラン」エスキース:

« 小田原城址公園でのウォーキング | トップページ | 特定複合観光施設区域整備推進法 »