« 「いつの日も泉は湧いている」 | トップページ | 史跡とミドリの共生??? »

2013年11月19日 (火)

『お城のミドリを-----------』?!?!

101126kusunoki_2 小田原城址は、1993年に定められたという「史跡小田原城跡本丸・二の丸整備基本構想」なるものによって復元的整備が進められています。この写真(2010.11.26. 14:54)は、市民野球場を廃止した後にできた臨時駐車場時代のクスノキの姿です。

110917kusunoki_3 「馬出門」「馬屋曲輪」の復元的整備が終わると、廃止した駐車場の史跡整備が始まりました。江戸末期の「御用米曲輪」の姿に整備しようということです。写真(1011.9.17. 15:56)のような立派なクスノキ樹林をどうするか、「植栽専門部会」がつくられました。
120204kusunoki_3 「残せ」「伐れ」という専門部会の会議が繰り返し行われました。鬱蒼として陽の光さえ通らない、枝を少し間引こうというトライアルで、伐ってみました。写真(2012.2.4. 14:23)のようにスカスカになって、風通しが良くなりました。ちょっと貧相ですが。
131119kusunoki_2 そして、今月、遺構を破壊する恐れが有るクスノキの一部を切り倒して、その他は半分ほどクスノキの背を詰めるという「植栽管理」が進行中です。写真(2013.11.19. 6:56 北進入道路から撮影)は今日の早朝、逆光の中で撮ったものですが、いかがでしょうか。可哀想な姿ですね。20年も待てばもう少しましになるそうですが-----。
 そんな騒動の中で、この曲輪の発掘調査で、北條末期の「遺構」が出現。「江戸末期」と「北條末期」を併存整備でしょうか。「昭和末期」の姿も併存させたらいかがなんでしょうか。
(22日金曜日に植栽専門部会があるようです。23日の勤労感謝の日には北條遺構の見学会もあります)

|

« 「いつの日も泉は湧いている」 | トップページ | 史跡とミドリの共生??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/58608461

この記事へのトラックバック一覧です: 『お城のミドリを-----------』?!?!:

« 「いつの日も泉は湧いている」 | トップページ | 史跡とミドリの共生??? »