« 報道偽装? 食品偽装? | トップページ | 城址公園の放置糞 »

2013年11月 9日 (土)

秘密保護法案の条文には 36の「その他」

131108tokyo 昨日の東京新聞が指摘していましたが、秘密保護法案の条文 には 36の「その他」があるのです。こんな法律案が平然と国会に政府提案で上程されるのです。第12条でテロリズムを括弧書きで定義しています。(政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的でヒトを殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊する活動をいう)

 「政治上その他の主義主張」という規定では、政治上ではないすべての主義主張に拡大されますし、「重要な施設その他の物」だと、いかようにも範囲を広げられます。この法案が、極めて恣意的に適用されると考えるべきでしょう。行政執行者が、ますますフリーハンドを拡大することになります。

 東京新聞に全面記載された条文を画像にしましたが、同紙のサイトから条文をPDFでアップしてあります。ご一見ください。

|

« 報道偽装? 食品偽装? | トップページ | 城址公園の放置糞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/58542731

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密保護法案の条文には 36の「その他」:

« 報道偽装? 食品偽装? | トップページ | 城址公園の放置糞 »