« 「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」 | トップページ | 平成26年度小田原市一般会計(等)予算書 »

2014年2月15日 (土)

小田原城内高校廃校跡地の売却

140215townnews 2月4日の神奈川新聞で、小田原城内高校廃校跡地の売却が報じられました。

 小田原駅構内にJR東日本職員住宅が永年にわたって放置されていた用地に、2006年、国際医療福祉大学が新たなキャンパスを開設しました。用地は3,100平米ほどの狭小なものでしたので、グランドなどは取れなかったのでしょう。至近に適切な用地を確保すると言うことを急がれたはずです。

 小田原城内高校は2004年に廃校になっていますので、かなり以前から有望な候補地になっていたのではないでしょうか。今回の用地取得は、この大学にとってはまたとないチャンスだったのでしょうね。神奈川県は180の学校法人を売却先としたが、唯一交渉に応じたのがこの大学だったとしています。

140215jonaikoko 今回の県有地は、小田原市民にとっては100年を超える歴史ある女子高校として、馴染んできた都市スポットです。この売却話で、2008年にチェンジを掲げた新市長と「小田原コミュニティーカレッジ」の開設構想を語った記憶が蘇りました。

 用地は20,000平米ほどあり、売却価格が754,000,000円とのこと、平米当たり37,700円、坪当たり124,000円、貧乏性ですぐこんな計算をしてしまいますが、いろいろご事情があってのことなんでしょうが、「安す過ぎないかなあ」と思ってしまいます。財政難で保有県有地の処分をなさる神奈川県としては「これでいいのかなあ」と首を傾げます。こんな価格なら「小田原市で取得してくれないかなあ」とボヤキたくなります。いい用地ですよね。今日のタウンニュースにも出ています。(画像は Google Map から)

|

« 「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」 | トップページ | 平成26年度小田原市一般会計(等)予算書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/59137958

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原城内高校廃校跡地の売却:

« 「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」 | トップページ | 平成26年度小田原市一般会計(等)予算書 »