« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月25日 (火)

神の国の神社

140325jinja1 この国では、天皇制と宗教、国旗国歌、元号表示などとともに「神社」は軍国日本時代とさほど変化ないかのごとく、自然に生きながらえています。憲法第1〜8条で、天皇に関わる事項を定め、「象徴天皇制」と称する体制ができあがっています。宗教については第20条で、国からの特権の付与、祝典行事の強制、国による宗教活動などの禁止が定められています。

 国旗・国歌については1999年8月に法で定められました(衆院403vs86、参院166vs71、参院公聴会は長谷川三千子埼玉大教授などが公述人)。第1条国旗は日章旗とする.第2条国歌は君が代とする。別記で日章旗の具体的な形状、君が代の歌詞・楽曲が記されています。天皇制に絡む元号は、第1項元号は、政令で定める。第2項元号は、皇位の継承があった場合に限り改める。法律は1979年6月に施行されました。これでほぼ戦前の体制が回復したのです。

 日本中、ほとんどの市町村(東京特別区も)に「自治会・町会」と名乗る住民組織があります。その多くの加入住民は特定の神社の「氏子」にされます。お断りすることはかなりの抵抗を覚悟しなければなりません。ほとんどの場合(私も)仏教徒もキリスト教徒も、無宗教者も何気なくやり過ごして、事を荒立てないようにされているようです。神社は宗教組織ではないかのようです。法の定め外のことのようです。

140325jinja2  神社は非常に巧みな国家構成員(国民)統治の装置として、働き続けてきたようです(民俗学的な評価は別のこと)。その最たるものが海外神社、朝鮮・樺太・台湾・南洋諸島における神社設置です。

 私も国民学校児童として、朝鮮神宮参拝強制の記憶が鮮明に残っています。この神社の大階段の下を市電で通過する際は必ず停車して、大鳥居に向かって最敬礼をし、東に向かって宮城遥拝をさせられました。戦後日本では、こんなことはさすがに通用していませんが、日の丸や国歌に従わないことでの処罰は横行しています。

 画像は、ここでの記述とは直接関係ないものですが、神奈川大学での「非文字研究センター」での公開研究会と公開展示の案内です。植民地・委任統治地には、真っ先に神社が作られています。学校教育施設には神社のミニチュアのごとき「奉安殿」が必ず設けられて構成員すべてが服従させられたのです。私にとっては、この不可解な幼児期記憶はいまだに消えません。

 この研究については、中島三千男神奈川大学教授(前学長)の示唆によって、以前から関心を深めていたものです。「国体」に迫る非常に貴重研究だと考えています。多くの方に関心を寄せていただきたいと考え、ご紹介いたしました。今週末という緊急のことですが、お出かけいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

芸術文化創造センター成果発表シンポジウム

140323hall_site 今日(2014年3月23日)の午後2時から、標記の「シンポジウム」が開かれました。小田原市文化政策課の主催になるものです。3時間を超える会合でしたが、パイプ椅子に座り続ける苦難、途中退席を何度も考えましたが、辛抱して最後までつきあいました。終了は午後5時を過ぎていました。

 担当課長という「専門職員」の采配のようでしたが、なんともイライラしどうしの「シンポジウム」でした。基本設計が完了したぞ、いよいよ実施設計だという祝賀会だったんですね。

 このホール問題、平成2年の構想発表以来、四半世紀かけて論議し、市長交代にまでなった大事業です。2008年には、山本理顕氏が実施設計を終了しながら、破棄されるという、曰く因縁の大事業です。

 今回の基本設計をなさった新居千秋氏による丁寧で誠実な駆け足の概要説明がありました。公共工事の設計者としてはまれに見る誠実な設計者ですね。この誠実さにかまけて、かなりの理不尽な設計作業を強いられたものと思われます。設計図は平面図と断面図など6葉が配布されましたが、いやはや、よくぞ詰め込んだというべき名設計でした。エレベータが2階までしかないというようなことなど気にされていましたが、そんなことどうでもいいやという気分にさせる、プレゼンでした。

 高校生による吹奏楽を経て、パネルディスカッションになりましたが、中身のうすいものでコーディネータさんは、このプロジェクトの意味を分かっていられたのでしょうかね。日曜日の3時間半、実にうつろな時間を過ごしてしまったとの後悔だけが残り、ひどく疲れました。

 実施設計予算も、市道廃止も何事もなく承認されて、2014年度末には積算された工事費も提示されるのでしょう。工事予算が大幅超過で、今度は工事費の議会承認が得られない。またもや実施設計が保古になる。そんなことが起きたら、市民全員で18歳以上は1人1万円、市長は100万円、副市長と担当課長は50万円、部長級は30万円、一般職員は10万円のドネーションという案はどうでしょうか。10億円くらいは集めて救援しなきゃならんでしょうね。

 芸術文化創造は、市民全員の自発的負担で支える。素晴らしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

「震災から3年 それからの飯舘村の報告」

140316uragami 今日の午後、「市民政治グループ@あしがら」主催の標記の政治サロンが開かれました。報告者の浦上健司さんは、福島県飯舘村に定住して、環境と生活の関係性についての研究に携わっていられましたが,2011年の大震災・放射能汚染以後は、村民の避難生活の充実や生活再建などの支援にも関わってこられたとのことでした。

 2013年7月のワークショップで収集された被災者の意見を詳細に記載したペーパーが、席上で配布されました。20項目の設問に対する主たる意見が収録されていました。被災者の苦痛、行政不信、将来不安、そして諦念も語られています。

 「農地・宅地を買い取って欲しい」「災害公営住宅に住みたい」という要望がありました。この災害大国で「不動産」とされてきた資産が、使用不能になってしまうという体験が、「先祖伝来の土地」を手放して公営住宅に住むという選択に至らせたのでしょう。日本風土の土地信仰が崩潰したのです。既に3年、狭隘で粗悪な仮設住宅(長屋)での生活から、住宅を所有せず公営賃貸住宅を求めるという考えに変わったのでしょう。

 多発する自然災害・人為災害による生活破壊、復興の放棄などを経験した市民に、住居の自己所有の危険さを知らしめることになったのです。衰退を続けている公営住宅事業、あらためて積極的な取り組みが求められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

地方議会の姿

140313nakaumi

 2008年9月14日、鳥取県米子市の市民派市議の方たち5人が、小田原市民運動の「視察」にみえました。2004年からまちづくり市民運動が高まり、加藤憲一と言う新市長を生み出したこと、他市の市民運動家や市議さんたちの関心を呼んでいたようです。

 訪問された市民派市議の中心であった中川健作さんが、この3月の市議会定例会を最後に職を辞されるとお聞きしました。3月10日の本会議で最後の「各個質問」に立たれました。中川市議の質問を議会中継で拝見しましたが、米子市議会ではU-TUBEを使われているんですね。翌日の「ロマンスカー」の中でゆっくり「傍聴」させていただきました。

140313shimane_p_p 質問は「島根原発」と「中海干拓」に関わるものでした、米子市長と副市長が答弁に立たれましたが、痛々しいほどでした。全部で41分ほどですが、さわやかに聞き続けられます。小田原市の不思議な同時中継、録画は3日後しか見られないという不思議に、いつもイライラします。こんなことも、チェンジできないのでしょうかね。

 地方議会の会議は、身近な住民にとって、わざわざ傍聴に出かけずとも、いつでも気軽に見聞きすることができるようにすること、さほど難しいことではないと思います。中川さんの「各個質問(小会派は代表質問ではない)」の中継はとても明瞭でとても聞き易く見易いものです。ぜひ、アクセスしてお聞きしてください。

080914yonago  中川さんの辞職は、がんとの闘病生活に入るためとお聞きしています。早期のご回復を強く願っています。この写真の右側にカバンをさげて横向きになっている方です。加藤新市長もつきあってくれました。懐かしい「思い出」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

小田原市予算書をPDFデータでどうぞ

140309societe_art_de_vivre 3月3日の記事で、予算書のことを書きました。500ページ以上もあるこの予算書、私のような財政音痴には、読み取るのにはかなりの時間を要します。平成17年度からの予算書が残っていますが、格闘のあとが忍ばれます。どこでもそうなのでしょうが、このような公文書はすべて書き手の論理で書かれていますので、読み手はひどく手間取ります。まず印刷文書では「検索」ができないこと、これは致命的です。議員さん諸兄姉も苦労されているんでしょうね。

 デジタルデータで公表するのが、今の世の中では普通のこと。私の関わっている公益法人でも、事業計画・予算・事業報告・決算等々すべてweb site に公開します。
 国や地方公共団体は、その施策についてできるだけ利便性の高い手法で市民に公開すべきと思います。2月の末に小田原市総務課には、口頭でデジタルデータでの公開を要望してきました。「3月定例会の開催中なので、少し時間がかかるが検討して回答する」とのことでした。
 ということで、印刷製本された予算書は3,000円で販売されていますので、この製本をばらして「自炊」にかけてPDFにしてみました。500ページ以上ありますので、縮小させてもデータの容量は39MBにしかなりませんでした。
 このブログではリンクできませんので、私のweb site のトップページにリンクを貼りました。大容量なので、少し時間がかかりますが、どうぞダウンロードしてみてください。(スマホでは容量的に無理だと思います)PDFで保存されれば、検索もなんとかできます。Societe Art de Vivre の site にアクセスしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

小田原駅駅前駐車場ビルの設計に異議あり

140303park_bldg2 平成元年からすったもんだして、いっこうに進まなかった「再開発事業」やっとこさっとこ、駐車場ビルが具体化しだした。小田原市の事業ではなく、小田原市公益事業協会の事業になるという。今までコンサル料や、補助金などで費消したのは数億円(5億を超えたと思うが,資料が見当たらない)になったはず。

140303park_bldg1_3 25年間も迷走した事業ですが、どうにもこの結末は腑に落ちないが、事業協会という外郭団体の事業として議会から切り離してしまうのだろうか。

 それにしてもこの設計、どうにも納得できない。あまりにも効率の悪い、無駄の多い設計だと思う。今日市議会傍聴のついでに、基本設計の平面図をコピーしてきて、なんとか120台の駐車増案を作ってみた。「広域交流施設」なるものとの絡みが分からないが、西側に幅員10mの自動車通路を取ったために、車路面積ばかり大きくてあまりに駐車台数が少ない。基本設計をやり直して欲しい。コスト合理化のためにも「市民交流施設」は、最上階に送って、地上階は駐車階にすべきだと思う。

 せっかくの駅前。日本国有鉄道の尻拭いをさせられたのだから、隣接地の利用ぐらい折衝できないのかなあ。自由通路も、地下街再生も、この駐車場ビルも、いつまでJRさまさまで行くのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成26年度小田原市一般会計(等)予算書

140303budget_2 わが家には、平成17年度からの小田原市予算書がそろっています。小沢良明市長時代の事業予算ををチェックするために、3,000円をはたいて買い求めてきたものです。当時の市民運動のことが思い出されます。

 昨日朝10時前に、久しぶりの小田原市行政情報センターを訪問し、常任委員会資料などをコピーしてきました。カウンターに並んでいた予算書の購入はやめました。その足で総務課に行き「予算書web siteでの公開」を求めました。担当者が3月議会のため不在でしたが、たまたま居合わせた統計係長さんにお話しし、回答をいただくことをお願いしてきました。
 印刷物の予算書では検索機能がありませんので ,500ページ以上もある資料に、各事業毎に見出しラベルを付けて、何度も何度もひっくり返して探し出さなければなりません。まず素人では、一汗もふた汗もかくことになります。3,000円出して買っていく方は、市から外注を受けている出入りの業者さん向けなんでしょうかね。市民に予算を周知させるためと思っているのは、勝手な思い込みなんでしょうか。
 そんな愚痴をこぼしていましたら、友人が「自炊」でデータ化してくれました。3,000円はたいて購入した印刷物の製本を断裁して、スキャンしてOCRで読み取ってくれました。35.9MBありますが、562ページの平成26年度予算書のPDFを送ってくれました。すごいことができるんですね。デジタル音痴の当方はいたく驚愕しました。このサイトに添付してご覧いただければ良いのですが、容量が超過しているようでniftyさんから撥ねられてしまいました。何か方法があるのでしょうが、また支援をいただいて工夫してみます。このサイトにメールいただければ、お送りいたします。
 総務課さん、必ずデータ公開を実施してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »