« 平成26年度小田原市一般会計(等)予算書 | トップページ | 小田原市予算書をPDFデータでどうぞ »

2014年3月 3日 (月)

小田原駅駅前駐車場ビルの設計に異議あり

140303park_bldg2 平成元年からすったもんだして、いっこうに進まなかった「再開発事業」やっとこさっとこ、駐車場ビルが具体化しだした。小田原市の事業ではなく、小田原市公益事業協会の事業になるという。今までコンサル料や、補助金などで費消したのは数億円(5億を超えたと思うが,資料が見当たらない)になったはず。

140303park_bldg1_3 25年間も迷走した事業ですが、どうにもこの結末は腑に落ちないが、事業協会という外郭団体の事業として議会から切り離してしまうのだろうか。

 それにしてもこの設計、どうにも納得できない。あまりにも効率の悪い、無駄の多い設計だと思う。今日市議会傍聴のついでに、基本設計の平面図をコピーしてきて、なんとか120台の駐車増案を作ってみた。「広域交流施設」なるものとの絡みが分からないが、西側に幅員10mの自動車通路を取ったために、車路面積ばかり大きくてあまりに駐車台数が少ない。基本設計をやり直して欲しい。コスト合理化のためにも「市民交流施設」は、最上階に送って、地上階は駐車階にすべきだと思う。

 せっかくの駅前。日本国有鉄道の尻拭いをさせられたのだから、隣接地の利用ぐらい折衝できないのかなあ。自由通路も、地下街再生も、この駐車場ビルも、いつまでJRさまさまで行くのだろう。

|

« 平成26年度小田原市一般会計(等)予算書 | トップページ | 小田原市予算書をPDFデータでどうぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/59231607

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原駅駅前駐車場ビルの設計に異議あり:

« 平成26年度小田原市一般会計(等)予算書 | トップページ | 小田原市予算書をPDFデータでどうぞ »