« 小田原市予算書をPDFデータでどうぞ | トップページ | 「震災から3年 それからの飯舘村の報告」 »

2014年3月13日 (木)

地方議会の姿

140313nakaumi

 2008年9月14日、鳥取県米子市の市民派市議の方たち5人が、小田原市民運動の「視察」にみえました。2004年からまちづくり市民運動が高まり、加藤憲一と言う新市長を生み出したこと、他市の市民運動家や市議さんたちの関心を呼んでいたようです。

 訪問された市民派市議の中心であった中川健作さんが、この3月の市議会定例会を最後に職を辞されるとお聞きしました。3月10日の本会議で最後の「各個質問」に立たれました。中川市議の質問を議会中継で拝見しましたが、米子市議会ではU-TUBEを使われているんですね。翌日の「ロマンスカー」の中でゆっくり「傍聴」させていただきました。

140313shimane_p_p 質問は「島根原発」と「中海干拓」に関わるものでした、米子市長と副市長が答弁に立たれましたが、痛々しいほどでした。全部で41分ほどですが、さわやかに聞き続けられます。小田原市の不思議な同時中継、録画は3日後しか見られないという不思議に、いつもイライラします。こんなことも、チェンジできないのでしょうかね。

 地方議会の会議は、身近な住民にとって、わざわざ傍聴に出かけずとも、いつでも気軽に見聞きすることができるようにすること、さほど難しいことではないと思います。中川さんの「各個質問(小会派は代表質問ではない)」の中継はとても明瞭でとても聞き易く見易いものです。ぜひ、アクセスしてお聞きしてください。

080914yonago  中川さんの辞職は、がんとの闘病生活に入るためとお聞きしています。早期のご回復を強く願っています。この写真の右側にカバンをさげて横向きになっている方です。加藤新市長もつきあってくれました。懐かしい「思い出」です。

|

« 小田原市予算書をPDFデータでどうぞ | トップページ | 「震災から3年 それからの飯舘村の報告」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/59287703

この記事へのトラックバック一覧です: 地方議会の姿:

« 小田原市予算書をPDFデータでどうぞ | トップページ | 「震災から3年 それからの飯舘村の報告」 »