« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月16日 (水)

どうしてこうなのですか

140416ninomaru

 今朝はあわてて(ゴミ袋を下げて)、二の丸の体操会に出かけました。ギリギリ体操にだけは待ったのですが、ストレッチができなかったので、身体は良く動きませんでした。みなさんの見事な身体の柔らかさに感心しながら、後の方で細々ぐずぐずやりました。帰り道は馬出し門を通りましたが、ここはとてもきれいでした。

140416litter1
 城山トンネル上の植え込みですが,この有様は写真では良く分かりませんが、大量の競輪車券が撒き散らかされていました。回収には10分近くも掛かったでしょうか。動かぬ身体をひねりながら,なんとかかんとか回収はできましたが、届かぬところにはまだ相当枚数が散っていましたが諦めました。

140416litter2

競輪の事業課は、清掃業者と委託契約しているはずですが、回収しないのでしょうか。気分の冴えない朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

ごみ・ポイ捨て どうにかならないの

140414litter 記事投稿が Facebook ばかりになって,これも半月ぶりの投稿です、汚い写真で本当にご免なさい。

  大腸がん検診を受けるべしと言うご通知をいただいたので、かなり勇気を奮って間中病院で受検しました。とても頼りになりそうな先生で経験豊富、説明も丁寧でした。パソコンに向かったきりという先生ではなく、良くこちらの話を聞いてくれ、検査結果の説明も詳しくて安心できる検査でした。でも、残念ながら、私の「腸」は200人に一人ぐらいと言う長すぎる腸(普通の3倍とか)だそうで、専門病院を紹介していただき再度の検査を受けるはめになってしまいました。

 画像に関係ない前置きになってしまいましたが、検査後の静養を経て、今朝は4日ぶりに小田原城址公園二の丸広場の「ラジオ体操会」に参加しました。行き帰りのウォーキングでは、ポイ捨てごみ改修に何度も腰を曲げます。ストレッチにはならないかな。わざわざ写真までご披露するのにはかなり気が重いのですが、ひと目だけみてください。路上にもポイ捨てタバコ吸い殻はありますが、今日の二の丸広場はひどかった。こんな朝は初めてです。画像の吸い殻のほとんどは二の丸広場のものです。競輪はずれ券やアルミ缶・ペットボトルなどは路上のものです。

 わが家は、城内と言ってもいいくらいのところにありますので、朝のウォーキングはせいぜい2500歩くらいのもの、僅かな領域にこれだけのごみ、残念ですね。城址公園内にも、素敵なスモーキングパレスでもつくって、公園内全面禁煙にできなせんかね。現状変更が難しいなどと言わずに、ご工夫いただきたいですね、お金はJTに寄付してもらいましょう。

140414amanogawa

 お詫びのしるしにこの画像。神奈川県の事業である城山トンネル(星槎城山隧道)開発時に、その立ち退き開削部分にささやかなスクエアができました(2001年?)。その小さな植え込みに3本のサクラが植栽され、1本は早々と枯れ死しましたが、残り2本のうち1本は台風時(2009年秋?)にかなり傾きました。傾きを直すようにお願いしましたが、市としては県から移管された施設であり、所管等もはっきりしないのかもしれませんが、傾いたままシュロ縄で固定され、倒れはしませんが妙なかっこうで成長を続けました。

 その1本が、開花しました。「天の川」という品種の直立型サクラのようです。ささやかに2本だけですが、小数派といえども、堂々と咲きいだす風情に感動しています。お立ち寄りになる価値十分にあると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

一般財団法人小田原市事業協会の駐車場?

140401parking_bldg  小田原市は、今日「小田原市駐車場整備計画等策定業務のプロポーザル募集」を公告しました。締め切りは4月14日だそうです。すごい「公募」ですね。

 同じ日の「広報小田原」では、『このたび、事業施行者である「一般財団法人小田原市事業協会」による実施設計が完成』と報じている。

鉄骨造5層6段(5階建て)
1階/自動二輪車等駐車場(40台)、自転車駐車場(一般自転車80台、レンタサイクル30台)、(仮称)市民活動交流センター(市民活動エリア、交流ルーム、会議室など)、店舗など
2階/自動車駐車場 収容台数 88台
3階/自動車駐車場 収容台数 88台
4階/自動車駐車場 収容台数 88台
5階/自動車駐車場 収容台数 92台
屋上/自動車駐車場 収容台数 12台 計368台
という施設だそうです。

 なぜ、小田原市の事業ではなく、一般財団法人の事業にするのか。

 なぜ最も駐車し易い1階が駐車場ではないのか。なぜ店舗が必要なのか。なぜ市民活動交流センターは5階ではいけないのか。などなど、不可解なことばかり。

 自走式の斜路を少し工夫して、両サイドを有効に使えば、標準階の駐車台数は120台ほどになるはず。4層では、単純概算だが480台ほどにできるはず。屋上は展望庭園に使える。

 事業フレームも、事業内容も、なんとも理解しがたい。3大事業整備はこの都市にとって極めて重要なものと思うが、施策が安易すぎないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »