« 小田原市芸術文化創造センターの基本設計と整備に係る地域説明会(幸地区) | トップページ | 芸術文化創造センター・市道廃止? »

2014年5月30日 (金)

新国立競技場 ZAHA案で基本設計完成

140530zaha  JSCによる神宮外苑の「新国立競技場」建替え、安藤忠雄さんが委員長でアイデアコンペを実施して選んだZAHA HADID事務所の案が、日本の建築家から袋だたきにあっています。日本建築家協会からは、改修でやるべきと申し入れられています。

140528zaha_plan_2  今月の28日に基本設計ができたとして、「国立競技場将来構想有識者会議」に提出され、ご説明をお受けになったそうです。森喜朗五輪組織委員長もメンバーですが、大切な明治天皇の聖徳記念絵画館がこけにされて平気なんですね。心から、熱心に唱えられていたように思いましたが、「神の国」は忘れられたのかな。

 この基本設計、ZAHAさんは「監修者」に過ぎず、基本設計はもちろん、実施設計もすべて日本の大手設計会社のJVが行います。ザハさんは監修意見を示すだけですが、監修料は13億円とか言われています。凄いですね。

 神宮外苑という風致地区に、この巨大施設、ノーマルな感覚のヒトなら誰もがびっくりしますが、JSCや安藤さんの感覚は普通人とは違うのでしょうかね。

140524yushikisha 左の表は、平成26年度有識者会議委員のみなさんです。この第5回会議も、良識に富まれている方々ばかりなのか、大した異論もなく(案)は了承されたようですが、記事録はまだ公開されていません。

 オリンピック開催とかスポーツ振興とか言うことになると、こんな強権的な「公共」事業がまかり通るのでしょうか、いよいよ、オリンピック返上運動が起きてくるかもしれませんね。

第5回有識者会議で配布された資料の一部です。

|

« 小田原市芸術文化創造センターの基本設計と整備に係る地域説明会(幸地区) | トップページ | 芸術文化創造センター・市道廃止? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/59729638

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立競技場 ZAHA案で基本設計完成:

« 小田原市芸術文化創造センターの基本設計と整備に係る地域説明会(幸地区) | トップページ | 芸術文化創造センター・市道廃止? »