« お城のごみ問題 | トップページ | 古い話ですが、ご一読ください »

2014年6月 8日 (日)

消えていく樹木

140608green 昨日までの豪雨が、嘘のような今朝の青空。二日ぶりにゴミ拾いとラジオ体操に出かけました。豪雨のおかげか、ポイ捨てゴミはとても少なく、城址公園本丸のゴミ箱も無事でした。体操をやっていて、後に大きく反り返ったりしますと、頭上に新緑が光っています。貴重な瞬間に、しばし目を凝らします。

140608tree1_2 今日の体操参加者から、先週紛糾したまま閉会した「芸文センタ—地域住民説明会」が、近々に再開されるということをお聞きしました。それではと、市道2197(幅員18m)廃止と、その代替の42条2項道路改修(幅員4m)の現場を回りました。その入口に姿の良い古木がありますが、これを伐採しないと代替の「生活道路」はできません。消えていく樹木です。

140608tree2 「芸文センター」用地の正面には、サクラ2本、マツ1本の古木があります。基本設計を拝見しますと、前面道路のお堀端通りからは20m後退して建物配置されていますので、この3本は助けてくれるんですよね。まさか、この素敵な古木、お花見の大切なスポットを消してしまおうなんて惨いことはなさいませんよね。

140608demolish 工事シートが掛かっていた解体ビル(元損保ジャパン社屋)は、外壁に大きな破壊穴が開いていました。ご近隣の方たちは、暫く大変でしょうね。「4m生活道路」が整備されると、一般車両の通り抜け交通が始まるでしょうから、これはかなり大変です。通り抜け禁止の指定は難しいでしょうね。
 なんで、用地の整備ができないままに、建物新築を急ぐのでしょうか。土地がなければ建物は建ちません。道路の上にも建ちません。『建ちます』と大書した看板は下ろして欲しいですね。

|

« お城のごみ問題 | トップページ | 古い話ですが、ご一読ください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/59780208

この記事へのトラックバック一覧です: 消えていく樹木:

« お城のごみ問題 | トップページ | 古い話ですが、ご一読ください »