« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月22日 (火)

小田原市芸術文化創造センターを市民の手で

140722tokyo 2016年度開館で計画されている東京都墨田区の「北斎美術館」、妹島さんたちの設計によって総事業費34億円で事業がすすめられているようです。

 わが「小田原市芸術文化創造センター」は。長年のふらつきの結果、立派な名称だけはいただきましたが、市道の廃止等々、多難な様相ですが、議会承認なんか問題ではないんでしょうか、淡々と「実施設計」の委託契約を済まされたと説明されました。

 いかがでしょうか。市道廃止の不便を凌ぎ、用地整備未了のまま、狭苦しい空間・景観を凌いだとしても、実施設計完了後の工事着手は建設業界の逼迫に寄る工事費高騰で、65億とか75億とかでは、とても契約にはいたりそうにありません。

 「北斎美術館」は事業費34億円のうち、5億円を区民の寄付で賄うとしました。

 わが小田原市の本件事業予算は明らかに不足を来すと考えられます。10億、15億の補正予算が承認されるでしょうか。そんなことを期待する前に、ぜひ、墨田区を見習ってください。

 設計者新居さんも提案されていました。「小田原市芸術文化創造センターを市民寄付で応援しよう」事業を始めて欲しい。小田原市と市民文化団体で、喫緊に、真剣に取り組んで欲しい。その覚悟ができないなら、この事業は、用地整備ができるまで延期すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

古い話ですが、ご一読ください

 この小田原に「新時代の」市長が誕生した当時のブログの再録です。昨夕(2014.7.6.)の「芸術文化創造センター市民説明会」での文化部長や市民たちのお話が、2008年の段階までさかのぼりましたし、文化部長は「三の丸の立地は市民合意のもとになされた」と自負されていましたので、古い話を蒸し返します。

ヒルトン小田原誕生秘話 2008.5.22.

 小澤良明市長は明日5月23日で、16年の市長職を退かれます。1992年からですからたいへん長い在職だったのですね。その間、アメリカの大統領は、ビル・クリントンが8年、ジョージ・ブッシュが8年、今ビルの配偶者がその座を目指して死闘を続けています。この16年間にはいろんなことがありました。ジョージ・ブッシュ大統領就任の年には、ニューヨークトレードセンタービルのテロ攻撃による崩壊という大惨事がありました。そしてアフガン、イラクと悲劇が拡大しつづけました。この悲劇の中、非戦の国日本国自衛隊も出兵しましたが戦死者もなく無事「撤収」されています。

 ここ小田原市公式サイトの「市長のほんね・謝辞」を拝見しますと、「数十年来の三大難事業」「市民の悲願」であった「小田原駅東西自由通路」「城下町ホール」「お城通り地区再開発事業」この三つをかかえて、ひとつは完成、残りも「道筋」をつけたこと、また「県西地域2市8町の合併にもレールを敷いた」ことが、この16年の総括のようです。
 投票日の前々日の16日には「市長のほんね・ヒルトン小田原誕生秘話」を書かれています。「新品同然の五百億円の施設を八億四千万円で買う」「市幹部の大方は反対」「市民の誤解による批判」「市への脅迫も連日」「一年近くの必至の模索の後」「ヒルトン小田原誕生」こんな「苦闘」秘話が書かれています。
 私が、小澤市長のことで一番強く記憶しているのは、城山三丁目マンション計画を阻止する住民運動の中で、初めて実現した市長による住民への「説明会(2005年2月25日)」でした。「このマンション業者(本社沼津市)は、仕込んだ用地を市が買い取ってくれれば、計画中止しても良いということだったが、その売却価格の交渉が不調に終った。業者提示の価格では、無理。残念だがあきらめてくれ」との説明でした。「市長自身が沼津まで出かけて行って先方の社長に直談判で頑張って欲しい」という住民の声に「私はそういう政治姿勢はとらない。それぞれの役職が、担当の業務をしっかりやるということだ」と応えられたのです。このときは、本当に愕然とし、行政の長というのはこういう考えなのかと悲しい思いを抱きました。(このマンション計画は、住民の粘り強い努力と、都市計画部の奮闘で高度地区指定が早まり、業者が遂にギブアップして市の提示価格で公有地化が実現、史跡指定されました。詳しくはこちらで
 20万市民の首長としては、個々の事案に過剰な深入りはしないというのは理解できますが、決定的な段階ではご自身による尽力は必要で避けられないことと思います。小澤市長自身、「ヒルトン小田原誕生」では、言い残しておきたいとの思いがあるほど奮闘されたことが良く分かります。「三大難事業」にもうひとつ付け加えられたいのでしょう。今週は、県西1市8町の長にご挨拶回りをされておりますが、小田原ヒルトン・高橋社長、山口支配人にもご挨拶に伺われたようです。このリゾートホテルが、小田原市に負担を掛けることなく、順調な発展を続けられることを願うばかりです。
 小澤良明市長、お疲れさまでした。

(2008年8月24日、就任3カ月の新市長は、「3大案件公約は見直しせざるを得ない。これは変えられない」と通告されました。その翌日のブログです)

美しいまち  2008.8.25.

 半月ほどの「Beijing 2008」でしたが、巨大な東風を世界中に見せつけて終ったようです。強い違和感が消化しきれないまま残っています。Beijing という都市も、力闘したアスリートたちも、「中華」と言う主役に飲み込まれてしまった違和感でしょうか。この8月は、重い宿題を背負わされたようなつらい月になりました。その中で、マラソン中継が映し出す Beijing のまちが、未だ「森の都」の姿を残していることは強い印象を与えました。このイベントのためには、かなり無理な「都市整備」も行われたのでしょうが、この「森」は美しいものでした。この「美しさ」が歴史と伝統を伝えてくれました。
 住民の暮らしが「豊か」になり、さまざまな都市施設をつくりだし、まちが「発展」し「活性化」していく、これはどこの地域でも共通の姿です。その姿が美しくあるために投入された努力は、まさに住民の甲斐性なのだとおもいます。後代に残す最大の資産は、この「美しいまち」です。
 私がいま住んでいる小田原は「美しいまち」になるための資源は、とても豊富です。この豊富な資源が、次々に食いつぶされていく「まち壊し」を、許してはなりません。無秩序な民間開発をまちの政府が統御することは極めて大切なことですが、その政府自身が「まち壊し」をすることなどあってはならない事です。「美しいまち」こそ住民の誇りであり、政府の最大の行政資産です。「美しいまち」に近づくために、やらなければならない事をすべてやる。やってはいけないことは、絶対にやらない。どんな困難があっても、このことを忘れてはならないと信じます。

(三の丸立地は周辺整備(用地取得等)を行い、適正な建設敷地を確保する。城下町ホールの二の舞いはしないと言われ、そのための調査外注費用の補正予算を上程した)

転換1年 市民ホールについて考える 2009.7.22.

090722hitahall 市民ホールは、20年来の宿願と言われていますが、市長提案の三の丸用地整備の調査費用を計上した補正予算案は議会の多数によって否定されました。議会の多数派が何をお考えになっているのか,まったく分かりません。①小澤前市長の用意した変形用地のまま前面空地なしでつくる。②同用地に前面空地を取って小規模施設をつくる。③こんな半端な拡張では駄目だから調査費は否定する。④同用地を拡張してまで作るべきではない。⑤用地の拡張は無理だから調査費は認めない。⑥拡張して何を作るか分かるまで調査費は認めない。⑦用地拡張するための調査は職員でやるべきで外注は駄目。⑧良く分からんが市長に一発食わせて9月議会で頭を下げたら認めてやろう。⑨四の五の言わず山本理顕設計のままつくれ。こんなことなんでしょうか。「説明不足」という声が飛び交っていましたが、どういう説明が欲しいのでしょうか。
 大切な問題ですから、ぜひ議会主催の市民説明会を開いて、議員のみなさんの言いたいことを市民に伝えてください。
 加藤市長は、小澤前市長の用意した変形敷地はホール建設に不適切、駅前再開発事業の基幹施設として市民ホールをつくるとして、44,108票の支持を得たのですが、「ホールは三の丸」という議会のパワーに屈して大転換をしたのです。それから1年が過ぎました。いま暫定利用で市民広場となった変形用地は、市民の多数によって「不適切」とされたのです。何とか使えるように拡張する見通しを3,000㎡ほどの地権者と話ができたので,進めたいとする議案まで否定されたのです。
 市民ホールは、市民の文化施設ではありますが、大規模な建築物です。委員会の議員さんかたが調査に行かれた大分県「日田市市民文化会館」は、香山壽夫氏の設計になる大変コンパクトで実質的な施設です。これを例示された議員さんが、大ホールなどにしぼればこういうのが建つのではということは頷けます。しかし、ここは小田原市が城跡前の地区として、道路面15mの高度規制を定めています。公共の事業であるならこの15mは守るべきです。ホール舞台部分のフライタワーは、どんなに無理しても25mくらいにはなるでしょう。ここで、歴史に敬意を払うか、払わないかの決断が必要になります。検討委員会は「歴史に敬意を払う」とされています。
 この三の丸地区にホールという大規模建造物を造ることは、現在の小田原市の方向性に反しています。先月から庁内横断の「歴史的風致維持向上計画」を定めるチームもできたようです。この地区は「重点地区」になるでしょう。なぜ、城跡前に大規模建築物をつくることに拘るのでしょうか。右手と左手がまったく違うことをしているように思えます。これまでのまち壊しはもう卒業しましょう。(画像は日田市市民文化会館 日田市のサイトから)

----------------------------------------

 「芸術文化創造センター」はまさに、この小田原の文化を創り出そうと言う「壮大な施設」事業ではないでしょうか。拙速に進めてはなりません。交付金がどうのという話ではありません。小田原市の誇りを示す重要事業です。パリのオペラ座(旧)は構想決定から55年の年月を経て完成しています。慌ただしく「処理」することだけは止めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »