« 古い話ですが、ご一読ください | トップページ | 8月が終わります »

2014年7月22日 (火)

小田原市芸術文化創造センターを市民の手で

140722tokyo 2016年度開館で計画されている東京都墨田区の「北斎美術館」、妹島さんたちの設計によって総事業費34億円で事業がすすめられているようです。

 わが「小田原市芸術文化創造センター」は。長年のふらつきの結果、立派な名称だけはいただきましたが、市道の廃止等々、多難な様相ですが、議会承認なんか問題ではないんでしょうか、淡々と「実施設計」の委託契約を済まされたと説明されました。

 いかがでしょうか。市道廃止の不便を凌ぎ、用地整備未了のまま、狭苦しい空間・景観を凌いだとしても、実施設計完了後の工事着手は建設業界の逼迫に寄る工事費高騰で、65億とか75億とかでは、とても契約にはいたりそうにありません。

 「北斎美術館」は事業費34億円のうち、5億円を区民の寄付で賄うとしました。

 わが小田原市の本件事業予算は明らかに不足を来すと考えられます。10億、15億の補正予算が承認されるでしょうか。そんなことを期待する前に、ぜひ、墨田区を見習ってください。

 設計者新居さんも提案されていました。「小田原市芸術文化創造センターを市民寄付で応援しよう」事業を始めて欲しい。小田原市と市民文化団体で、喫緊に、真剣に取り組んで欲しい。その覚悟ができないなら、この事業は、用地整備ができるまで延期すべきです。

|

« 古い話ですが、ご一読ください | トップページ | 8月が終わります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/60024387

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市芸術文化創造センターを市民の手で:

« 古い話ですが、ご一読ください | トップページ | 8月が終わります »