« 都市計画審議会というもの | トップページ | 関東学院大学法学部 小田原キャンパス撤退 »

2014年9月10日 (水)

日の丸議場に掲揚すべしとの陳情

140909flag

 今日の小田原市総務常任委員会の「議題」一覧。“補正予算” “三つの条例改正” “救命資機材の購入” "本会議場に日の丸掲揚すべしと言う陳情”というような議事次第でした。
 「日の丸」陳情審査の傍聴のために出かけて行ったのです。陳情者岩越豊男さんという初老の紳士が陳述されました(この陳述のためにわざわざ閉会して、陳述終了後再開するというわざとらしさ、一般市民の発言など議事録に残さないということか)。
 岩越さん、まっとうなニッポン人民だと思いますが、日の丸、日輪の旗がこれまでなにをしてきたかご存じないようで、「---オリンピック開催を目前に控え---」と言う国際交流に資するため議場に掲げろと言うご主旨。
 委員会審査の採択結果、小澤峯雄、鈴木紀雄、井上昌彦の3委員が賛成、田中利恵子委員が反対、佐々木ナオミ、安野裕子、奥山孝二郎、俵鋼太郎の4委員が継続審査、ということで継続審査(大村学委員長は議長であり採決に加わららない)。
 「日の丸強制」は地域社会を分断します。多数決で決めるようなことではありません。日輪旗が、アジア太平洋の地域で2千数百万人の死に掲げられたこと、忘れるわけにはいきません。私は、日輪旗強制には決して承服しません。
 この陳情、秦野市の田村元男さんと言う方との連名でしたが、この方「秦野市の教育を考える会代表」だそうです。秦野市で沢山の陳情を出されています。小田原にまで陳情を拡大されて、なにをお考えなんでしょうか。県西ネトウヨ老人代表なのかな。

|

« 都市計画審議会というもの | トップページ | 関東学院大学法学部 小田原キャンパス撤退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/60292939

この記事へのトラックバック一覧です: 日の丸議場に掲揚すべしとの陳情:

« 都市計画審議会というもの | トップページ | 関東学院大学法学部 小田原キャンパス撤退 »