« 2015年9月 | トップページ

2015年11月

2015年11月23日 (月)

グローバルホークがやってくる

151123global_hawk_2 RQ-4 Global Hawk 無人偵察機と言われている大きな航空機です。
全長:13.52m・全幅:35.42m・全高:4.64m・空虚重量:6,710kg
 福島第一の被害状況も上空から「偵察」しています。
 無人機なので、これまでかなりの試験損傷などを経て実用化を迎えていますが、運用中の損傷も大きいのでしょうね。
人身被害なく使い捨てできる、偵察側には使いやすい軍用機です。
 アメリカ政府が、去る11月20日この無人機を3機1500億円で日本国に売却することを決めたと報道されています。アメリカ以外では、ドイツは航空交通の過密を理由に、無人機の採用計画を廃止しました。韓国も販売先にされていますが、まだ決定に至っていません。
 我が日本国が、2国目の無人機国になりそうです。中国に次いで、世界第4位の軍事大国になったそうですから、無人機を採用したいのでしょうか。
 お金のことです。1機500億円と言いますが、小田原市の2015年一般会計は525億円ですから、ほぼ匹敵するんですね。墜落でもしたら、地上の損害以外に小田原市の1年分おお金が消えるのです。
 恐ろしいことが、じわじわと進んでいます。原発を死守して、核兵器開発を急いでいるのかと考えると、本当に恐ろしい。日本国憲法なんかどこかに吹っ飛んでしまったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ