小田原競輪

2014年2月14日 (金)

「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」

140206tokyo 賭博や富くじは刑法で禁じられています。麻雀で金銭を賭けると刑法185条で罰せられます。小田原には金銭を掛ける「競輪」があります。胴元は民間事業者や個人ではなく、経済産業省ですから「公営賭博」でOKなんです。数年前には「競艇」場外場面売り場でひと揉めしました。これは国土交通省が胴元。競馬は農林水産省。トトカルチョは文部科学省。宝くじは財務省。まだまだあるんでしょうね。

 ところで、このカジノ賭博は誰が胴元?総務省なんでしょうか。実施団体は都道府県にするもくろみのようです。東京ではお台場にカジノホテル新設?神奈川なら横浜みなとみらい?
 小田原市には、片浦地区の山上に455億円かけた立派な「リゾート&スパ」があります。雇用促進事業団が雇用保険の金で、なんともお粗末な設計のホテルまがいのものを1997年に完成させて事業失敗、小田原市に8億円余で買わせたが、挙げ句の果てにはこの市もまたまた持て余して、借家人の世界一のホテル企業に不思議な売り方で(ほぼ只同然)引き取ってもらったと言う、なんともしまらない行政不始末の物語があります。
 家賃を払って使っていたホテル企業は、何とかリノベーションでもしないと客が取れない悩みを抱えたまま辛抱していましたが、時代の趨勢を判断して、やむなく所有権を取得し本格的リノベーション投資をする決断をされたのでしょう。2年ほど後にはすてきな「リゾート&スパ」が完成しそうです。まさか「リゾート&カジノ」ではないでしょうね。
140213archive  この市には昭和23(1948)年から、「歴史ある」公営賭博が存在します。事業停止を約束された市長も誕生しましたが、あれから6年、今日もこの雪の中「開催中」です。公営賭博と言う欺瞞、自治体は振り回されっぱなし。逆らうことはできないのでしょうか。ほんとうに情けない。賭博は公営であろうと民営であろうと、借金地獄・犯罪誘発の源泉です。わが小田原市にも「賭博場設置反対同盟」を作りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

公営カジノで「美しい国」?

140206tokyo

 小田原市には1949年に開業した公営賭博事業「小田原競輪」があります。今年の夏には創業65年祭でもおやりになるのでしょうか。バブルの終焉時代1991年には、551億円の売り上げで48億円を一般会計に繰出していますが、現在は閑古鳥で、繰出し金を出すことなど難しくなっています。

 前市長小澤良明さんは、2004年の市長選挙で「廃止を含めて検討する」と約束されましたが、赤字が出るまではやり続けるというようなことになり、2008年の選挙にはお出にならず引退。加藤憲一氏が新市長になり、事業廃止を約束されましたが、それから6年、未だにほそぼそと続いています。

140206akahata1 公営賭博(胴元は経済産業省)を止めるというのは、自治体(競輪は市町村)の力では不可能な、さまざまな軋轢があるんでしょうね。加藤市長のご努力も跳ね返されてしまうんでしょう。相変わらず、中高校生、女子大生が競輪客の往来の中を登校しています。特に、幅員6mもないような国安道路(市道0087)を通行する競輪客送迎バスの姿は、人権小国をあぶり出しているようで、まったく恥ずかしい次第です。こんなことをしてまで、公営賭博を霞ヶ関のために守り続けなければならないのでしょうか。道路に散乱するはずれ車券は、散り尻に小さく破り捨てられています。懐を空にした競輪客の悔しさがにじみ出ている有様を連日見せつけられています。最近は、この通学路で生徒さんたちがごみ拾いをされています。いつまで続くんでしょうか。

140206akahata2 2008年11月には、競輪場近隣の住居で2件の強盗傷害事件があり、被害者は共に高齢男性でしたが、19日に発生した事件は「傷害致死」という大事になってしまいました。地元自治会(27区)では、会員自ら安全巡回をやっています。公営賭博がもたらす環境破壊は、自治体行政の最大の恥ではないでしょうか。

 小田原市の決断を強く求めたい。

 「カジノ」は都道府県の事業になるようで、なんと神奈川県では1000万円の事業推進予算を組んでいると新聞は報道しています。一旦始めたら止めることができない、こんな不道徳な「公営事業」には、小田原市は設置同意をしないで欲しい。前市長小澤さんは競艇の場外券売り場(ボートピア)の設置を阻止してくれましたが、現市長は、カジノ設置の阻止だけはやって必ず欲しい。

小田原競輪記事のアーカイブです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

正月競輪の惨状

140114keirin 小田原競輪は1月1日から今日まで連日開催です。相変わらずのごみ散乱。客の入りは良くないように見えますが、ポイ捨てごみだけは盛況です。競輪の事業課ではごみ拾いの外注をしていたように思っていましたが、廃止してしまったのでしょうか。このごみ、ほんの100mほどの狭い範囲で見つけただけの競輪ごみなんですよ(一般のポイ捨てごみはこの10倍もありますが)。

 昭和23年から続いているこの小田原市営賭博事業、このまちの伝統文化になってしまったのかな。小田原市政のだらしなさと怠慢には、我慢できない。いい加減にして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

どうして賭博で稼ぎたいの

131216akahata2 賭博遊技場は、最大の環境破壊です。小田原には戦後すぐに、復興財源捻出とかで「小田原競輪競技場」ができました。私立大学、短大、県立高校,私立高校、市立中学,市立小学校などなど、学校が集中している地区に朝晩競輪客が行き交っているのです。外れ車券、競輪新聞、タバコの吸い殻等々が道路に散乱し、送迎バスが歩行中の学生生徒の脇をすり抜けていきます。時には競輪客による殺人事件まであります。

131216akahata 賭博は、公営のみ事業実施ができています。官僚管理の公営賭博です。カジノも同じ仕組みでしょう。胴元の官僚組織が25〜30%を吸い上げるのでしょうか。

 猪瀬ひとり芝居の影で、カジノ解禁の動きが急ピッチで進んでいます。超党派だそうです。公明党も賛同。公明な賭博ならいいということ。公明な賭博なんてあるのだろうか。胴元が一人稼ぎまくるだけで、みなさん散財して終わるのが公明正大で結構ということですか。

 手っ取り早く金を集めるのには、一番安直な事業です。全国各地で失敗したリゾート開発の残余施設が、衣替えしようとしています。小田原近郊景勝地には、小田原市が(ほとんどただで)売却した大規模リゾートホテル(開発費450億円)があります。勤労者健康増進とは言いませんが、是非是非お約束の通り、リゾート事業に専念していただくよう強く求めたい。幾度か楽しませていただいた屋内テニスコートがカジノ場になってるなんてことは困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

ガードマンさんありがとう

131130keirin3 今朝も快晴。朝のごみ拾いウォーキングは、ぐずぐずしていて8時過ぎになってしまいました。この時間だと銅門も開いているので、久しぶりに通らせていただきました。ごみはやはり先週よりかなり多い。放置糞はありませんでした。

 9時少しすぎに戻ってきましたら、競輪場のガードマンさんが落ち葉掃除をされていました。昨日までの落ち葉掃除、妻の労働、隣家の老婦人の労働、結構大変でしたが、これから45日ほどは楽させていただけるのでしょう。ガードマンさんの自発的ご好意ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

尊徳小田原・悲しき競輪

131019keirin 昨日は、朝のウォーキングと栢山のおそば屋さん〜尊徳記念館ウォーキングで、10,526歩という新記録をつくりました。今朝は6時ころから「ごみ拾い散策」。結構ごみは少なく、今週の週末はクリーンな城址公園を楽しんでいただけそうです。

 ところが、我が家の前には外れ車券が散乱していました。拾い集めてみましたところ、昨日の競輪は「場外」だったようで、千葉競輪が13枚、京王閣が11枚、3連単やら2車単やらいろいろ種別がありそうですね。この外れ車券の購入者は、かなりのお怒りだったようですが、破り捨てることなく、原型のまま捨てていただいたので、珍しく回収調査が出来ました。ほとんどの皆さんは、この車券を3つにも4つにも粉々にちぎって捨てられるので回収は厄介です。

 最近の競輪客、減少の一途で、客よりガードマンの方が多いのではないかと思うくらいです。広大な駐車場と大勢のガードマンに、臨時職員のご婦人集団、開催管理専門家の中年男性群、一体収益は上がっているのでしょうかね。女子短大生や高校生たちの群れに、意気消沈した敗者おじさんたちが混じって、あの狭隘な国安道路を通って駅をめざす姿、そこをシャトルバスが通る、なんとも惨めな光景が、年間150日も続いています。経産省の御為にというのは止めましょうよ。

 もうそろそろ、ご英断を下していただきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

美しいまちの醜い公営事業

120525flower 「小田原市青少年センター」前の植え込みです。城山トンネルへ通ずる公共階段設置にともなってできた小さなガーデンでもあります。神奈川県が設置して、小田原市が管理者という施設なんでしょうか。この公共階段、唖然とするほど荒れ果てています。幾度か通告しましたが、改善されません。この小さなガーデンも手が回らないのでしょう、自然放置です。植物たちの自己責任で生成を営んでいます。
 この画像の花たち、近隣に住まれているお花大好きの女性が、毎年丹誠込めて育てていられるものです。見事に歩行者の眼を楽しませてくれています。ここ城山四丁目は文教地区で、静かな住宅街でもあります。ところが、ご承知のように、ここには「小田原競輪場」が戦後すぐから60年にもわたって存在します。戦後復興の公共資金調達の一助だったのでしょうが、いまだに開催を続けています(霞ヶ関の資金調達?)。6月は20日間も開催されます。毎日といっても良いくらいです。正常なことではありません(設置時の約束は月間6日開催だったそうです)。
 この見事な花壇前も、植え込みの中も、ポイ捨てごみの散乱、外れ車券の花吹雪、あげくには横一列の立ち小便など眼を覆う惨状です。今朝の散歩でも、ごみの散乱には不愉快な思いをさせられました。
 この花壇も、城址の緑、たくさんの花たちも、こんな人間たちのぶざまな日々をあざ笑っているようにさえ思えます。「歴史と文化のまち」「無尽蔵のまち」に居座り続ける不適切事業施設の存在を放置していて良いのでしょうか。あまりのごみの散乱に、怒り狂っています。今日から4日ほど札幌です。初夏のさわやかなまちを楽しんできます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

花月園競輪を小田原で???怒怒怒怒怒

120221keirin_ad 2月23日から「花月園メモリアルin小田原」という競輪が始まります。廃止された花月園競輪を、この小田原が相続して開催するのでしょうか。
 一体全体、小田原市政府はこの小田原をどうしたいのですか。小田原城址の足下、県立高校、私立高校、女子短大、私立中学などが集積しているこの城山の地区を混乱させてまで、競輪がそんなに大事なんでしょうか。それとも、霞ヶ関に逆らうことができないというのでしょうか。小田原市政府は、それほど怯懦な公共団体ですか?通学時の「国安道路」を見に来てください。涙が出ますよ。
 加藤市長、あなたが約束した「撤退」は一体全体、いつの間に「継続」に変わったのですか。一般会計繰出し金1億円が、本年度も可能になると「想定」されているのですか。平成23年度は、22年度5億円を1億円に減額していますよ。本年度は1億円を2,000万円に補正で減額ですか。
 いい加減にしてください。この恥知らずな小田原のままで定住人口が増えるはずはない。市民ホール取得事業債2億6890万円で9区画の土地を買うために、1億円が欲しいのですか。
小田原競輪
(画像は神奈川新聞2月21日スポーツ面の広告です)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

小田原競輪場ガードマンの大変化

111109street_cleaning 我が家前の古木のサクラは、この季節は落葉が激しく掃き掃除には、結構な労力をかけています。今週の水曜日、11月9日の午前10時ころ、拙宅前の道路で掃き掃除らしき物音が聞こえていました。隣家のご婦人が掃除をされていると思っていたのですが、いつもの様子と違うので様子見に出てみました。何と、競輪場のガードマンが落ち葉掃除をなさっているのです。ここに転居して10年になりますが、初めてのことです。ガードマンは交通整理、歩行者保護がお仕事で、足下のごみひとつ拾わずに、ただ立っているだけのものと考えていました。かなりびっくりしました。小田原競輪場の近隣対応に大変化が起きたのでしょうか。嬉しいことです。隣家の高齢婦人にも、高齢の当方にとっても、ありがたく続けて欲しいことです。警備受託会社の自発的改革なのでしょうか。小田原市公営事業課の新しい施策だと信じたい。それにしても相変わらず、市政は dumb authority なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

花より賭博の「公営事業」

110521sakura_demolish さらにしつこいようですが、今朝のwalkingがてら、雨水渠竪坑工事現場を見てきました。立派な工事底版と仮囲いができたいました。競輪臨時駐車場はしっかり確保されていました。この車路の分(4mほどか)、工事場を北によせる施工計画なら、3本の古木の桜は生命長らえたはず。公共工事の荒々しさはいつまで続くのか。「あじさいの小径」と勝手に命名していた散歩道が無惨に、醜い仮設フェンスで遮られてしまった。これからの1年間はこのフェンスで不愉快で悲しい朝を過ごさなければならないのですね。
110521waste 競輪客にふんだんに配られているのでしょう。冗談のように路上に投げ捨てられています。公営事業が、廃棄物の大量排出に励んでいていいのですか。「ごみの減量化の推進 5Rを基本とした経済活動やライフスタイルへの転換を啓発するなど、発生抑制や再使用に重点を置い たごみの減量化を進めます(新総合計画)」というのも冗談ですか。「ごみの大量排出の推進」ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)