住まい・インテリア

2013年7月25日 (木)

沖縄の「規格屋」ハウス

51j101yx3l_ss500__2 先週の連休明け16日(火)から、神奈川県北部の伊勢原市という国道246号が通る町の病院に入っていました。手術はかなりの実績を持たれている整形外科医によって執刀していただき「無事」術後を経過、明日26日(金)退院できることとなりました。最後の夕食はなんと「鯵フライ」でした。ラップを掛けて数十分経過したのでしょう。フライの煮付けのようでした。でも、とても良い病院ですよ。今後も6週間ほど通わなければなりません。
 入院に際して、3冊の本を持ち込みましたが、画像の1冊からは新たな知見をしっかり獲得しました。著者は与那国島生まれで琉球大学教授の川平成雄氏です。この10日ほどの孤独な「暮らし」が、沖縄の問題、日本国の問題、「日本」人民の問題を根底から考えさせられたことに対して、著者の川
平成雄氏に中心から感謝を捧げます。みなさんにも、ぜひぜひご一読いただきたいと願います。

 その中で、わずかですが救いのある(私の興味を強く引いた)部分をご紹介します。戦火で10万戸の住宅が緊急に必要となっていたのです。米軍軍政下に入った沖縄では、1945年8月15日に「沖縄諮詢会」という住民自治機関が設けられ、その工務部が対応した緊急仮設住宅のことを記します。米軍補給隊などのノウハウを下に、2×4工法による「規格屋(キカクヤー)」という基準住宅を作り上げたのです。その設計基準面積は「6.4m×5.5mの居室」「2.4m×2.1mの台所」、という内法面積を持つ住宅です。日本風に言えば15坪ほどの住宅です。その年の11月に900万立方フィートの米国基準の平割り材が入荷して、緊急仮設住宅の建設が始まっています。1948年までに約7万5000戸が供給されたそうです。
 アメリカ合衆国は戦勝国ではありましたが、1945年の財政支出総額1,004億ドル、軍事費900億ドル(89.6%)、1946年は総額650億ドル、軍事費485億ドル(74.6%)という、破綻寸前の状況ではあったのです。沖縄復興支援には、かなり異論があったようですが、軍政下とは言えこの程度の成果は残しているのです。東日本復興での、仮設住宅の水準と供給の状況は「工業先進国」の姿とはとても思えません。
 沖縄の問題は、きわめて大きな「日本国」問題です。参院選の沖縄県1人区で、社会大衆党が議席を得ましたが、日本国から幾度も切り捨てられた沖縄への連帯は大きな課題であることを、ベッドの上で痛感いたしました。やや高価な本ですが、私たちが緊急に読むべきものと考え、強く推薦します。「沖縄 空白の一年」

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

グッドデザイン賞 LED デスクライト [STROKE]

120209stroke1 先月30日の神奈川新聞経済面に「S・ジョブズに憧れて」という記事がありました。『小田原市内のアパートの8畳間で誕生した発光ダイオード(LED)照明器具が、2011年度のグッドデザイン賞を受賞した。---』という報道です。受賞したデザイナーは1983年生まれの八木啓太さんで、富士フイルムで医療機器の設計業務に就かれていましたが、昨年1月末に退職独立されたのだそうです。Appleのガレージ創業のイメージで決断したのでしょう。大企業組織から飛び出してインディヴィデュアルワークにかける心意気は、なんとも清々しく嬉しいものです。
 こういう話には、てもなく感動する方ですので、早速にその第1号製品「LED DESK LIGHT STROKE」を購入しました。1月31日に退社してその年の12月27日に製品販売を開始されたとのこと、彼の退社一周年の31日に注文メールを送りました。かなり高価なデスクライトですが、私の77周年のご褒美ということにしましょう。昨日の2月8日に着荷しました。
120209stroke2 受賞評価は『当製品は、LEDデスクライトとして世界最高水準の演色性(Ra90以上)を有し、自然光の下で見るモノ本来の色を忠実に照らし出すデスクライトである。JIS照度A形相当の照度範囲を確保しながら、ユーザーが直射光で眩しくなることがないように光学設計されている。また、照明光は全くチラツキがなく、紫外線、赤外線をほとんど含まないため、目への負担も少ない。製品は最高10Wと低消費電力で、光源LEDは6万時間(光束維持率70%)と長寿命である。筐体は、全体が一本のパイプで構成された最小限の構造となっているため、ユーザーは製品の存在を意識することなく、照らし出されたモノにのみ集中できる』とされていて、八木啓太さんの商品説明は『一般的なデスクライトは、発光部、台座、アームをそれぞれ製造して構成されています。STROKEは、その全てをパイプ1本で実現しているため、非常にシンプルで美しい外観を持つばかりか、製造に使われる資源を大幅に削減しました。さらに、主材料はスチールとアルミニウムを採用し、リサイクル性も高めています。環境を汚染するRoHS規制物質も含んでいません。気になる電力も、最高10W、最少で4Wと低消費電力。最高の明るさで毎日6時間使用したとしても、1ヶ月の電気代はおよそ40円と経済的です。LED素子の寿命も6万時間と長寿命で、毎日6時間の使用で27年後に明るさが30%だけ暗くなる計算です』と環境負荷の低減も主張されています。
 拙宅の仕事場は、1間半×3間=9畳間ですが、図面作業などを考えて40W蛍光灯4本での全体照明にしてきました。いまは作図作業などほとんどなく、PCワークのみですのでこのデスクライト1本で十分。160wが10Wに、16分の1の大幅省エネです。月間640円の電気代も40円に、600円の経費減です。20年間で144,000円!!嬉しいことです。
 このわずか1Kgの小さなデスクライト、新しい小田原文化と工業の未来展望を指し示すものというのは大げさでしょうか。近来になく嬉しい「事件」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

住まいの喪失・定住の促進?

110823housing 3・11東日本大震災は、この国の「在り方」に根本的な問題指摘がなされたように思います。国の体制、政治、エネルギーをはじめとしてさまざまな発言がなされています。その中で、忘れ去られたようにメディアに登場しない問題の最大のものが、「住まいの喪失」です。
 世界で発生する地震の10%ほどが日本国で発生しているとお聞きしました。世界一の地震国です。今回の被災の凄まじさに、原発災害・放射能汚染を伴って、長年月にわたる異質の巨大災害となりました。地震、津波、液状化などで住まいを喪失した人々、警戒区域に指定されて居住地に戻れない人々、二重ローンの解決策を持てない人々など、住まいの喪失は人生の喪失になりかねない悲惨を生んでいます。
 このような事態は、先の阪神大震災でも大きな問題になりました。今回は建物の喪失に土地の喪失も重なっていますが、それぞれ絶望的な状況なのでしょう。公的な救済がなされるのでしょうか。国、県、市町村は対応できるのでしょうか。
 日本国は、1945年の敗戦後復興の大きな政治課題として、住宅供給に取り組み始めましたが、早々に公的住宅供給から撤退し、「持ち家」促進、住宅供給企業育成に走りました。かつての日本住宅公団は、公的住宅に関しては残務整理状況で、都市再開発に専念しています。
 地震国日本で、「持ち家」を獲得し、多額のローンを抱えるリスクの実態が、災害発生、住まい喪失で、その矛盾をさらけ出しています。放射線量の高い地域の土地の国有地化、津波危険地域の公有地化などの施策が話題になっていますが、こんなこそくなことでは問題解決にはならないでしょう。地震も津波も液状化も原発災害も、あらゆる災害は今後増加していくことでしょう。
 住まいという、生活の最大の支えを、個人の才覚で「自己所有」し「被災喪失」に自己努力で解決することの困難さを、制度として解決していくべきです。少子高齢化の新しい社会状況に、「持ち家制度」は矛盾を拡大するばかりです。福祉社会の原点に返って、住まいの公的所有を強化すべきです。住まい手のライフステージに合わせた、公的な賃貸住宅の使用こそが、災害大国日本における「住まい安全」という保証を支えるのです。一般的な勤労者にとっては、計画的住宅供給による暮らしが、その質を高めるのだと思います。市町村行政において、公的な住まい供給を担うことは、基礎自治体の基礎的責務です。財政状況を理由に施策放棄することは、あってはならないことです。
 第5次小田原市総合計画(H23~25)では、「住宅マスタープラン見直し」「重情報の整理一元化・提供」「民間賃貸住宅の登録」が、「快適に暮らせる住環境の形成」だそうですが、いったい何を考えているのか考えていないのか、いささか驚愕です。
 6月26日に公開された山北町の「基本計画」にこんなものがありました。PFIによる、町営住宅の供給です。実験的な施策でしょうが、成功してほしいものです。山北駅北側元気づくりプラン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

失われた住まい・失われるいのち・住まいは人権

110429anemone 画像のアネモネ、うつくしいでしょう。拙宅のささやかなベランダの鉢に咲きました(この土には段ボールコンポストの堆肥が使われています)。愛しいいのちを感じます。
 いまだ、3・11から立ち直れていません。元々涙もろく弱い人間ですが、ますます涙もろくなって、このところのTVや、訪問報告を見るのが辛くなりました。「失われたいのち・残された者」への涙、被災者のみなさんの「避難所生活の悲惨な暮らし」への涙、「放置された伴侶動物たち」への涙、怒りに変わってきます。暮らしの基盤である「住まいの喪失」「残されたローン」には、これからの苦難に思いを馳せて、怒りが込み上げます。
 住まいは暮らしの基盤です。その基盤が「個人の甲斐性」にまかされて良いのでしょうか。どうして「持ち家」でなければならないのか。教育、医療、介護と同様に住まいも、社会全体で支えるべきものではないでしょうか。1923年の関東大震災による「住まいの喪失」後には、国策として「同潤会」が設立され、公営住宅の提供がなされました。1945年の敗戦大被災と海外引き揚げによる「住宅飢饉」には、「日本住宅公団」が設立されて公営住宅の供給がなされましたが、高度経済成長路線の中で1970年以降「持ち家」施策が強化されて公営住宅政策は、衰退の一途をたどります。「日本住宅公団」も変身に変身を重ね、公営住宅とは縁もゆかりもない巨大都市デベロッパーUR(都市再生機構)に姿を変えてしまいました。地方公共団体でも、公営住宅は切り売りされて、福祉住宅が細々と生き残っているだけになっています。
 さまざまな金融制度で、勤労者はすべて長期のローンをかかえていることが当然と言う風潮が蔓延し、みんなで渡れば----ということになっています。しかし、社会状況の大きな変動、自然災害などによって「失われた住まい」を再度回復するためにはほとんど不可能に近い苦難を強いられます。
 私たちの憲法は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」として「国」にその責めを負わせています。住まいこそ、国が公的に保証する責めを負っているのです。
 「地震」「津波」「液状化」「地盤沈下」「放射線」などによって、膨大な住まいが失われました。その住まい手たちは、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を奪われています。この住まい手たちに持ち家を強要することができるのでしょうか。
 持ち家政策による人権圧迫は、この大被災を契機に住宅公営の重要性を認識すべきです。「住まいは人権」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

シーサイドハウス

Seasidehouse09 昨年2月から関わってきた小さな「すまい」が完成し、先週住まい手が入居されました。フラットルーフの屋上から相模灘の眺めは圧巻です。サウスウェストスタイルの住宅ですが、この地の景観にとても馴染んでいます。
 ここ4年間ほとんど「住環境ファシリテーター」の仕事からは遠ざかっていましたが、知人から住まいづくりを始めたいと言う方を紹介され、手がけた仕事でした。これまでかなりの数の住まいづくりを経験してきましたが、今回の住まい手さんは敬服に値する「住まいこだわり人」でした。この住まい手さんとのおつき合いは、久しぶりに私の「住まいの7原則」が活きた一年間でした。特に7番目の原則「住まいは住まい手が造らなければならない」を見事に実践されました。「住まいは人生を決める大切なものです。どんなに面倒でも、住まい手自身が造らなければなりません。住まい手自身が、建築家・インテリアコーディネーター・工務店・住宅メーカーなどの専門家を指揮監督しなければなりません」という私の30年前からの「思想」を立派に実現してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

小田原市長の執務室

 今日は、朝9時に小田原市議会議長大野眞一氏、副議長武松忠氏に「要望書」を提出しました。第三者専門家からの参考人意見聴取を求める要望書です。議長室ではたいへん丁寧に応対していただけました。その後、建設経済常任委員会の傍聴をさせていただき、午後1時20分に小田原市長にも同趣旨の要望書を提出しました。(この委員会はひどかった。出向の部長は、あんな態度が取れるんですね.驚きました.議会侮辱罪です)
 「市長室」には、今回初めて入らせていただきました。この4年間、幾度となく、20回くらいでしょうか、前市長をお訪ねしていますが、前市長には「市長室」にはお招きいただけませんでした。新市長は、前市長とは世代も違い、ライフスタイルも、生活信条も違います。加藤新市長とこの「市長室」はまったく相反します。彼自身、執務室が自らのスタイルに合わないと感じているとは思いますが、だからと言って「インテリア改装」などとは毛頭言い出せないと考えているのでしょう。
 執務室は、考える部屋、決断する部屋、行動を開始する部屋です。今日拝見した部屋は、20万市民の首長が、アクティブに執務する部屋とは到底思えません。なにか、ゆっくり休んでいて下さいと言う部屋のように見えました。大きな責任を背負った事業経営者は、自らの執務空間を自らに合わせます。これはとても大切なことです。小田原市長の執務室は、緊張感のあるアクティブな室内、行動する室内にして欲しい。心からそう願いました。
 今日は一日、重い、疲れる一日でした。抜けるような青空、待ち遠しい限りです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

新装開店

 ささやかな模様替えをして新装開店です。ご挨拶代わりに「びっくりガーデン」のスライドショーをお送りします。.ppsですが、やや長編ですのでお閑なときに開いて下さい。アメリカ流のTopiaryです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

住まいのフォラム

住まいはすべての暮らしの基盤だと思います。生きること (to live) は住む (to live) ことです。
美しい住まいが、美しい街、美しい暮らしを支えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)