旅行・地域

2011年5月 5日 (木)

「GW」北条五代ウイーク

110505castle1 「GW」という標記は、どうも原子力空母 George Washington を思い浮かべるので、気に入りませんが、まず今日5日で一区切りとなりました。東日本大震災に配慮された「苦渋の開催」なのでしょうか、『今年は、ゴールデンウィークを「北條五代ウィーク」として、期間中の既存のイベントや新たなイベントと連携して、小田原を盛り上げていきます』ということにされたようです。期間中のイベントを列記します。
110505castle2【小田原城北條六斎市】
【おだわら青空ライブ】
【がんばれ東北物産展】
【小田原北條武者隊出陣】
【東日本復興応援イベント】
【小田原城名物市】
【小田原まちなか市場inほっとファイブタウン】
【北條ジャズフェスタ】
【北條氏の小田原城めぐり】
【みこし渡御(松原・大稲荷・居神神社)】【囲碁大会】【将棋大会】
 期間中2日ほど雨模様でしたが、まずまずのウイークでご同慶の至りです。私も、【がんばれ東北物産展】の錦通り開催で、「相馬あしがら尊徳募金」としてのささやかな参加と【北條氏の小田原城めぐり】で、東京からの参加者にささやかな接遇など、ささやかに「小田原を盛り上げ」ました。この期間中も城址の散策は止めませんでしたので、密かに、つましく回遊しましたが、どう考えても「六斎市」が『近隣諸国との経済交流』のイメージにつながるとは思えませんでした。このお城でいつまでこんなことを続けて行くのでしょうか。
 110505castle3 散策中、堪え難い思いをしたこと。私だけではないと思いますが、耳を聾する「スピーカー音」です。銅門広場特設ステージでの大音響は、散策を楽しんでいる来訪者を退去させたいかのようです。ライブに参加している聴衆にお聞きいただければ良いのでは。無関係の来訪者の耳をつんざくのは困ります。
 三の丸広場のこの花たちで、少しほっとしますが、ここにいても大音響は届きます。イベント主催者は一体どういう環境感覚なのでしょうか。
110505castle4 藤棚がある「箱根口」からは、多くの来訪者、特に自動車での来訪者は、藤棚側のお茶壺橋(小峰橋)から城址に入られています。ここからは、藤棚、蓮池そしてこの古木たち、こういう「修景」こそ来訪者の「アライバルセンス」を高めるものです。城址の環境デザインディレクションをもっと真剣に考えて欲しい.史跡の保存も、北条の歴史も重要なことですが、小田原城址ならではの環境デザインこそ魅力ある「まちの資産」を高める重要なことです。もう少し城址を大切にした賢い利用を考えたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

2010年のロスアンゼルス夏休み日記

100913losangeles 去る9月5日の記事でお約束しました「日記」やっとアップいたしました。今回は、滞在中にすべての記事を書き上げていましたので、帰宅後すぐにアップできるなどとたかをくくっていましたが、撮影したものとまったく関連せずに記事だけ入力していたので、結構手間取りました。
 老友の "95th. Birthday Celebration" で出かけたのですが、その老友の現役ぶりに痛く刺激されました。後期高齢者などと、ふてくされてはいられないとの思い、これが今回の夏休みの成果でした。誠のつたない日記ですが、お立ち寄りください。2010年のロスアンゼルス夏休み日記


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

95th. Birthday Celebration

100828jack95 8月27日金曜日の昼から慌ただしく、ロスアンゼルスまで出かけてきました。26日の夜には「小田原城址公園の古木300本近くが危うい、何とかしないと」という有志の会合に参加させていただき、また、27日夜には自治基本条例策定のための市民意見聴取(「オープンスクエア」とネーミングされていますが、市役所のスクエアはいつもクローズだということからでしょうか)があるということでしたが、何人の方が集まられたのか市のサイトを見ても分かりません。まさか数十人ということではないでしょうね。
 毎年この季節には、LAに出かけています。今年は老友の95歳の誕生祝賀のパーティーがあり、日本から8人の友人を誘っていますので、病後ではありましたが、なんとしても出たいと頑張りました。到着早々27日夕刻には日本からの友人と95歳の老友とそのバトラーの12人で祝賀前夜祭までやりました。翌日の土曜日には本番のパーティー準備で飾り付けの手伝いをしました。老友宅はいわゆる「豪邸」ではありませんが、100人ほどの来客には対応ができます。二つのパティオには、ディナーのために10席丸テーブルが10卓用意されましたが、室内でも結構な数の着席が可能です。(老友に確認しましたら130人だったとのこと)この模様と、その後の静養などは近々にホームページにアップします。ぜひお立ち寄りください。
100905syokusaibira 昨日遅くに帰宅しましたので、今日のウォーキングは7時過ぎになってしまいました。城址公園の学橋とお茶壺橋で3人の方がチラシを配られていました。出発前夜の会合でお会いしたみなさんでした。9月26日の日曜日に「史跡小田原城跡本丸・二の丸植栽管理計画現地見学会及び説明会」が開催されるという案内チラシでした。(市の分野別サイトに出ています。トピックスにには出ていません)「5年間で300本近い松、クスノキ等を伐採 城址公園の緑がなくなる!」と訴えられています。小田原市は、自然環境も社会的な基盤にもたいへん恵まれた希有なまちですが、都市公園が無いに等しいという変則的な都市です。都市中心を占める城址が都市公園の代替と考えられているのでしょうか。何れにしてもこの城址は、近隣住民にとってはかけがえのない「オープンスペース」なのです。8月18日に市のサイトに公開された「植栽管理計画」はなんとも信じ難い悪い冗談のように思われます。
 帰国後の高温多湿には閉口していますが、植栽には良いのでしょうか。300本くらい切っても、100年もすれば「原生林回帰」でまた古木だらけになりますよ、という話なんでしょうか。26日の現地見学説明会には、万難を排して参加させていただきます。説明会は『概要を説明する説明会』となっていますが、市民からの質問と意見聴取の時間も十分にとって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

平塚のマルシェ

100509marche 長かった連休最後の日曜日、JRで平塚まで行きました。Sun Sun marche と名付けた「市民市場」の見学です。moto ROSSO というカフェの主催する極めて小規模の marche で、先月から始めて今日が2回目だそうです。それでも今日は11人の生産者の出店があり、狭い会場は大勢の市民でにぎわっていました。どのお店も生産者自身が、自らの生産物や加工品の説明を熱心になさっていて、とてもフレンドリーな市場になっていました。
100509marche2 この marche は小規模ではありますが、とても良く仕立てられていて、その楽しそうな雰囲気に誘われて通りがかりの方々が次々に立ち入られていました。ちょうどお昼時でもあり、ガレット風のランチを屋台サービスでいただきました。野菜類のほかに、お花や苗など、クッキーやジャムなどの加工品も人気があります。どのテントも大繁盛のようでした。もっと広い会場を確保し、さらなる工夫がされた楽しい「市場」に成長して行って欲しいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

ながい旅

Naritabus2 毎度のことですが、アメリカは遠い。航空機に乗るためだけに、小田原とはあまり縁のない、成田という遠方まで出かけるのは、ほんとうに不思議なことです。でも、数年前から直通バスが走ってくれていますので助かります。何とか路線廃止にならないよう願うばかりです。
 この旅はまったくの気分転換のつもりでしたが、超大国アメリカのきしみは旅人にも伝わってきます。そんなこんなで1週間はあっという間に過ぎてしまいました。「2008年秋のロスアンゼルス」日記は、web site にアップしました。
 ロスアンゼルスの話題のホール、Frank O. Gehry のWalt Disney Concert Hall のことは、別記事で記す予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)