地方政府

2014年12月13日 (土)

関東学院大学法学部 小田原キャンパス撤退

141213town_news 兼ねてから話題になっていた関東学院の撤退、12月2日に小田原市と「合意」に達したと今日のタウンニュースで報じられました。報道によると「メッキ技術を開発する研究所」に用途変更されるようです。

 法学部のキャンパスが設置されるという校地校舎計画に対して40億円の「補助金」が小田原市から関東学院に交付されています。

 その補助金について、返還されたとも返還されなかったとも、記事には明記されていませんが、「大枠での承諾に至った」との記載がありますので、返還されなかったのでしょうね。

 1959年、私が東京都庁に入職した翌年「首都圏の既成市街地における工業等の制限に関する法律」が施行され、工場の増設規制とともに、大学などの校舎増設が強く制限されました。そのため多数の大学が首都圏の既成市街地から郊外に施設移転をしました。市街地の校地を売却して地方に大きなキャンパスを設けた大学も多数ありました。ところが、2002年になりこの法律は廃止されました。

 今は、多数の大学が既成市街地に高層の校舎を建設して都心回帰を目指しています。この法律に応えた大学は、苦境になり、やり過ごした大学が隆盛を誇るという、大学間格差が生まれ、郊外キャンパスの始末に困難をきたしている状況です。

 小田原キャンパスの関東学院大学法学部も、通学利便性の高い競合他大学に入学志願者を取られ続けたのでしょうね。なんともこの日本国の都市整備の稚拙さが、大学教育を混乱させているのです。関東学院も被害者のお一人かもしれません。

141213odawara とはいえ、この広大なキャンパスが、メッキ研究所、職員20数人の施設になると言うのは、補助金の交付趣旨にも反しますし、教育施設として固定資産税は免除されていましたが、その課税については「合意」されたのでしょうか。

 私も度々講演会や発表会などで伺いましたが、とても立派で広大な施設です。この全てがメッキの「教育研究」のために必要なものとは思えません。「地元企業と連携期待」で、税の減免ができるとも思えません。

 補助金の返還を求めないことで合意したとしても、固定資産税等の免除は、許されないと考えます。いかなる措置をされたのか、しっかり市民説明をされるべきだと、強く思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

建物は30年くらいでは老朽化はしません

140510town_news なんとも驚くような報道です。

 この市立病院は、小田原市民だけではなく近隣市町にとっても、きわめて重要な施設です。本館(病棟)は1983年3月、中央診療棟は1984年3月、外来診療棟は1984年12月、それぞれ「伊藤喜三郎建築研究所(病院建築では実績の高い事務所)」の設計により新築されたものです。いまだ僅か30年しか経過していない若い建物です(私が住んでいる住居は1982年に小澤良明一級建築士が設計された建物ですが、極めて快適に居住しております)。「小田原市立病院運営審議会」というのは、なぜこのような非常識な建て替え要求という審議結果を出されたのでしょうか。

 私自身、幾度もお世話になりましたし、救急搬送された経験もあります。その経験から言えば、施設が「老朽」していることを感じない訳ではありませんが、最大の問題は、建物の維持管理がほぼ放棄されているということに尽きます。建物は、丁寧に維持修繕していけばまだまだ十分に使えます。建築設備、医療設備の更新は当然必要ですが、建物を建て替える必要性は全くありません。

 建て替えると言う、環境破壊に近い安易な施策は絶対に許されるものではありません。

 市のweb siteで分かるのは、最新情報では昨年11月7日の議事録のみ。

 市立病院運営審議会委員 7 名 横田会長 木村副会長 砂田委員 鈴木委員 長谷川委員 市川委員 秋山委員 (欠席委員2名 杉田委員)市立病院職員 15 名白須院長 長谷川副院長 寺﨑副院長 川口副院長 石綿看護部長 山崎病院管理局長 野原病院管理局副局長 津田経営管理課長 向笠医事課長 瀬戸医事課副課長 一寸木総務係長 手塚用度施設係長 西正医事係長 山崎医療相談係長 稲畑主任 関係課職員等 岸消防本部救急課長 アイテック(株)3名

 一体何名の知恵を絞って、こんな審議結果になるのか。信じがたい思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

城下町ホールの愚行を繰り返すのか

140501odawara_decision 小田原「市議会だより」が届きました。3月定例会議案の賛否一覧が分かり易いですね。web site のは全議決で詳しいけど、3ページにも渉ると目がくらくらしてきます。

 予算は補正も当初もすべて可決。陳情は57号を除いてすべて不採択。51号は10vs16で不採択、56号は3vs13で不採択、57号は15vs11でなんとか採択、58号は1vs25で完璧な不採択、59号は10vs16で不採択(51号と同じ議員賛否)。

 58号はたった一人の議員の賛成しかえられなという珍しい事態。「芸術文化創造センターにおける実施設計の延期を求める陳情」ですが、佐々木ナオミ議員を除く全議員がこの陳情を否定したのですね。

 建築の設計というのはすべて、基本計画、基本設計が完了して、その点検が終了して後に、はじめて実施設計に着手するのです。この芸術文化創造センター事案は、いまだ基本設計は終了していません。バリアフリーに関わる大きな変更の指摘、市道2197の廃止未定、工事積算未定など、基本設計に求められるさまざまなものが得られておりません。

 議会が、この延期を求める陳情を、1人の議員を除いて全議員で不採択としたこと、信じがたいことです。

 実施設計が完了したあとで、次は工事費等の予算承認となりますが、現今の市況から考えて、公開された基本設計の最終段階を実現するための予算承認は、市民の強い関心のもとになるのではないでしょうか?

 実施設計が宙に浮いてしまう事態が、予想されます。2度目の愚行は避けたいものです。実施設計契約にあたっては、慎重な対応を求めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

どうしてこうなのですか

140416ninomaru

 今朝はあわてて(ゴミ袋を下げて)、二の丸の体操会に出かけました。ギリギリ体操にだけは待ったのですが、ストレッチができなかったので、身体は良く動きませんでした。みなさんの見事な身体の柔らかさに感心しながら、後の方で細々ぐずぐずやりました。帰り道は馬出し門を通りましたが、ここはとてもきれいでした。

140416litter1
 城山トンネル上の植え込みですが,この有様は写真では良く分かりませんが、大量の競輪車券が撒き散らかされていました。回収には10分近くも掛かったでしょうか。動かぬ身体をひねりながら,なんとかかんとか回収はできましたが、届かぬところにはまだ相当枚数が散っていましたが諦めました。

140416litter2

競輪の事業課は、清掃業者と委託契約しているはずですが、回収しないのでしょうか。気分の冴えない朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

ごみ・ポイ捨て どうにかならないの

140414litter 記事投稿が Facebook ばかりになって,これも半月ぶりの投稿です、汚い写真で本当にご免なさい。

  大腸がん検診を受けるべしと言うご通知をいただいたので、かなり勇気を奮って間中病院で受検しました。とても頼りになりそうな先生で経験豊富、説明も丁寧でした。パソコンに向かったきりという先生ではなく、良くこちらの話を聞いてくれ、検査結果の説明も詳しくて安心できる検査でした。でも、残念ながら、私の「腸」は200人に一人ぐらいと言う長すぎる腸(普通の3倍とか)だそうで、専門病院を紹介していただき再度の検査を受けるはめになってしまいました。

 画像に関係ない前置きになってしまいましたが、検査後の静養を経て、今朝は4日ぶりに小田原城址公園二の丸広場の「ラジオ体操会」に参加しました。行き帰りのウォーキングでは、ポイ捨てごみ改修に何度も腰を曲げます。ストレッチにはならないかな。わざわざ写真までご披露するのにはかなり気が重いのですが、ひと目だけみてください。路上にもポイ捨てタバコ吸い殻はありますが、今日の二の丸広場はひどかった。こんな朝は初めてです。画像の吸い殻のほとんどは二の丸広場のものです。競輪はずれ券やアルミ缶・ペットボトルなどは路上のものです。

 わが家は、城内と言ってもいいくらいのところにありますので、朝のウォーキングはせいぜい2500歩くらいのもの、僅かな領域にこれだけのごみ、残念ですね。城址公園内にも、素敵なスモーキングパレスでもつくって、公園内全面禁煙にできなせんかね。現状変更が難しいなどと言わずに、ご工夫いただきたいですね、お金はJTに寄付してもらいましょう。

140414amanogawa

 お詫びのしるしにこの画像。神奈川県の事業である城山トンネル(星槎城山隧道)開発時に、その立ち退き開削部分にささやかなスクエアができました(2001年?)。その小さな植え込みに3本のサクラが植栽され、1本は早々と枯れ死しましたが、残り2本のうち1本は台風時(2009年秋?)にかなり傾きました。傾きを直すようにお願いしましたが、市としては県から移管された施設であり、所管等もはっきりしないのかもしれませんが、傾いたままシュロ縄で固定され、倒れはしませんが妙なかっこうで成長を続けました。

 その1本が、開花しました。「天の川」という品種の直立型サクラのようです。ささやかに2本だけですが、小数派といえども、堂々と咲きいだす風情に感動しています。お立ち寄りになる価値十分にあると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

一般財団法人小田原市事業協会の駐車場?

140401parking_bldg  小田原市は、今日「小田原市駐車場整備計画等策定業務のプロポーザル募集」を公告しました。締め切りは4月14日だそうです。すごい「公募」ですね。

 同じ日の「広報小田原」では、『このたび、事業施行者である「一般財団法人小田原市事業協会」による実施設計が完成』と報じている。

鉄骨造5層6段(5階建て)
1階/自動二輪車等駐車場(40台)、自転車駐車場(一般自転車80台、レンタサイクル30台)、(仮称)市民活動交流センター(市民活動エリア、交流ルーム、会議室など)、店舗など
2階/自動車駐車場 収容台数 88台
3階/自動車駐車場 収容台数 88台
4階/自動車駐車場 収容台数 88台
5階/自動車駐車場 収容台数 92台
屋上/自動車駐車場 収容台数 12台 計368台
という施設だそうです。

 なぜ、小田原市の事業ではなく、一般財団法人の事業にするのか。

 なぜ最も駐車し易い1階が駐車場ではないのか。なぜ店舗が必要なのか。なぜ市民活動交流センターは5階ではいけないのか。などなど、不可解なことばかり。

 自走式の斜路を少し工夫して、両サイドを有効に使えば、標準階の駐車台数は120台ほどになるはず。4層では、単純概算だが480台ほどにできるはず。屋上は展望庭園に使える。

 事業フレームも、事業内容も、なんとも理解しがたい。3大事業整備はこの都市にとって極めて重要なものと思うが、施策が安易すぎないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

芸術文化創造センター成果発表シンポジウム

140323hall_site 今日(2014年3月23日)の午後2時から、標記の「シンポジウム」が開かれました。小田原市文化政策課の主催になるものです。3時間を超える会合でしたが、パイプ椅子に座り続ける苦難、途中退席を何度も考えましたが、辛抱して最後までつきあいました。終了は午後5時を過ぎていました。

 担当課長という「専門職員」の采配のようでしたが、なんともイライラしどうしの「シンポジウム」でした。基本設計が完了したぞ、いよいよ実施設計だという祝賀会だったんですね。

 このホール問題、平成2年の構想発表以来、四半世紀かけて論議し、市長交代にまでなった大事業です。2008年には、山本理顕氏が実施設計を終了しながら、破棄されるという、曰く因縁の大事業です。

 今回の基本設計をなさった新居千秋氏による丁寧で誠実な駆け足の概要説明がありました。公共工事の設計者としてはまれに見る誠実な設計者ですね。この誠実さにかまけて、かなりの理不尽な設計作業を強いられたものと思われます。設計図は平面図と断面図など6葉が配布されましたが、いやはや、よくぞ詰め込んだというべき名設計でした。エレベータが2階までしかないというようなことなど気にされていましたが、そんなことどうでもいいやという気分にさせる、プレゼンでした。

 高校生による吹奏楽を経て、パネルディスカッションになりましたが、中身のうすいものでコーディネータさんは、このプロジェクトの意味を分かっていられたのでしょうかね。日曜日の3時間半、実にうつろな時間を過ごしてしまったとの後悔だけが残り、ひどく疲れました。

 実施設計予算も、市道廃止も何事もなく承認されて、2014年度末には積算された工事費も提示されるのでしょう。工事予算が大幅超過で、今度は工事費の議会承認が得られない。またもや実施設計が保古になる。そんなことが起きたら、市民全員で18歳以上は1人1万円、市長は100万円、副市長と担当課長は50万円、部長級は30万円、一般職員は10万円のドネーションという案はどうでしょうか。10億円くらいは集めて救援しなきゃならんでしょうね。

 芸術文化創造は、市民全員の自発的負担で支える。素晴らしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

「震災から3年 それからの飯舘村の報告」

140316uragami 今日の午後、「市民政治グループ@あしがら」主催の標記の政治サロンが開かれました。報告者の浦上健司さんは、福島県飯舘村に定住して、環境と生活の関係性についての研究に携わっていられましたが,2011年の大震災・放射能汚染以後は、村民の避難生活の充実や生活再建などの支援にも関わってこられたとのことでした。

 2013年7月のワークショップで収集された被災者の意見を詳細に記載したペーパーが、席上で配布されました。20項目の設問に対する主たる意見が収録されていました。被災者の苦痛、行政不信、将来不安、そして諦念も語られています。

 「農地・宅地を買い取って欲しい」「災害公営住宅に住みたい」という要望がありました。この災害大国で「不動産」とされてきた資産が、使用不能になってしまうという体験が、「先祖伝来の土地」を手放して公営住宅に住むという選択に至らせたのでしょう。日本風土の土地信仰が崩潰したのです。既に3年、狭隘で粗悪な仮設住宅(長屋)での生活から、住宅を所有せず公営賃貸住宅を求めるという考えに変わったのでしょう。

 多発する自然災害・人為災害による生活破壊、復興の放棄などを経験した市民に、住居の自己所有の危険さを知らしめることになったのです。衰退を続けている公営住宅事業、あらためて積極的な取り組みが求められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

小田原市予算書をPDFデータでどうぞ

140309societe_art_de_vivre 3月3日の記事で、予算書のことを書きました。500ページ以上もあるこの予算書、私のような財政音痴には、読み取るのにはかなりの時間を要します。平成17年度からの予算書が残っていますが、格闘のあとが忍ばれます。どこでもそうなのでしょうが、このような公文書はすべて書き手の論理で書かれていますので、読み手はひどく手間取ります。まず印刷文書では「検索」ができないこと、これは致命的です。議員さん諸兄姉も苦労されているんでしょうね。

 デジタルデータで公表するのが、今の世の中では普通のこと。私の関わっている公益法人でも、事業計画・予算・事業報告・決算等々すべてweb site に公開します。
 国や地方公共団体は、その施策についてできるだけ利便性の高い手法で市民に公開すべきと思います。2月の末に小田原市総務課には、口頭でデジタルデータでの公開を要望してきました。「3月定例会の開催中なので、少し時間がかかるが検討して回答する」とのことでした。
 ということで、印刷製本された予算書は3,000円で販売されていますので、この製本をばらして「自炊」にかけてPDFにしてみました。500ページ以上ありますので、縮小させてもデータの容量は39MBにしかなりませんでした。
 このブログではリンクできませんので、私のweb site のトップページにリンクを貼りました。大容量なので、少し時間がかかりますが、どうぞダウンロードしてみてください。(スマホでは容量的に無理だと思います)PDFで保存されれば、検索もなんとかできます。Societe Art de Vivre の site にアクセスしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

平成26年度小田原市一般会計(等)予算書

140303budget_2 わが家には、平成17年度からの小田原市予算書がそろっています。小沢良明市長時代の事業予算ををチェックするために、3,000円をはたいて買い求めてきたものです。当時の市民運動のことが思い出されます。

 昨日朝10時前に、久しぶりの小田原市行政情報センターを訪問し、常任委員会資料などをコピーしてきました。カウンターに並んでいた予算書の購入はやめました。その足で総務課に行き「予算書web siteでの公開」を求めました。担当者が3月議会のため不在でしたが、たまたま居合わせた統計係長さんにお話しし、回答をいただくことをお願いしてきました。
 印刷物の予算書では検索機能がありませんので ,500ページ以上もある資料に、各事業毎に見出しラベルを付けて、何度も何度もひっくり返して探し出さなければなりません。まず素人では、一汗もふた汗もかくことになります。3,000円出して買っていく方は、市から外注を受けている出入りの業者さん向けなんでしょうかね。市民に予算を周知させるためと思っているのは、勝手な思い込みなんでしょうか。
 そんな愚痴をこぼしていましたら、友人が「自炊」でデータ化してくれました。3,000円はたいて購入した印刷物の製本を断裁して、スキャンしてOCRで読み取ってくれました。35.9MBありますが、562ページの平成26年度予算書のPDFを送ってくれました。すごいことができるんですね。デジタル音痴の当方はいたく驚愕しました。このサイトに添付してご覧いただければ良いのですが、容量が超過しているようでniftyさんから撥ねられてしまいました。何か方法があるのでしょうが、また支援をいただいて工夫してみます。このサイトにメールいただければ、お送りいたします。
 総務課さん、必ずデータ公開を実施してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧